呼吸の循環の音に浸る

静寂のしらべ


朝の静けさで出逢うもの

それは大地の歌

ピンと張った大気

ねむりの時間にねむる

活動の力は ねむるところから得られるから

記憶にのぼる苦さ


突如として
感覚のなかに浮かんでくることがある。

そのことを 愛する。

その時の自分に 今こそ愛を送れる。

ありがとう。ありがとう。
愛しているよ。
もう ひとりにはしないよ。


いちばんわかってあげられるのは自分

そのときに なにがほしかったのか。

「大丈夫だよ」。

ただ そう言って 共にいてほしかった。

今、時を超えて あげられる。
大丈夫だよ。
大丈夫だよ。
私は時々 「ひとり」でいたくなる。
こころゆくまで「ひとり」でいたくなる。
そんな時、音すらもいらない。


呼吸の音だけでいい

内側で絶え間なく行われている息の循環。その吐き、吸う、の循環。その循環のなかにしずまる。

そのただなかで知っていく。

内側に 優しく あたたかく囁く「いのちを支える声」があることを。
たったひとりの理解者。
その理解者の妙なる細い声に寄りどころを知る。
そして住い そのぬくもりに 浸る。


ピアノを弾く

その恩寵に満ち満たされた時、
紡ぎたくなるのだ。
いのちの調べを。
よろこびの歌を。


ああ、ベートーヴェンが聴いていたのはこれかもしれない

音はいのち。
メロディーは内面から紡がれる調べ。

新しい1日がはじまる。
今日は私の休日。
5週目の休み。レッスンのない日。

親友と会う。

穏やかな確信が与えられる。

響きあうよろこびがあるのだ!

きっと今日ならではの調べが生まれるに違いない。
さいたま市緑区/浦和区ピアノ教室
まえだやえこ