新しいピアノにご挨拶

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

さいたま市は、秋の虫の音とともに

まだ、暑さを感じる夜が続きます。

 

今日は幻想即興曲をお届けします。

 

ピアノがお好きな方は、きっと心に残る曲だと思います。

今日は小学1年生のYちゃんのお話です。

 

「そういえば、新しいピアノが来るんだ」

「Yそのピアノと仲良しになるんだ!!。」

レッスンで飛び出した言葉。

 

なんて可愛いのでしょう!!

 

私はこのピアノさんにご挨拶したくなりました。パパさんがお嬢様のために

高価なピアノを買ってくださった。

 

このピアノがYちゃんはもちろん、

ご家族に幸せを流しだすものであってほしい。

お母様に提案しましたら、謙遜にまた

心を尽くしてご夫妻で迎えてくださいました。

 

あらかじめYちゃんとも打ち合わせをし、普段お仕事で練習を聴かれていないパパさんに

演奏のプレゼントをしてあげようね、

と曲も決めていました。

 

玄関周りは可愛いブリキや雑貨に彩られた目に美しい緑・・。

ちいさな喜びがたくさん溢れるおうち。

 

お庭のアナベルやラヴェンダーのドライフラワーが籐に楚々と飾られていました。

生活を愛おしまれるお母様の眼差しと支えるお父様の頼もしさを感じ、即興が湧いてきました。

即興を弾き、じきにYちゃんが弾くでしょう「光のこども」「エリーゼのために」

 

それからYちゃんの演奏。

3曲を心を込めて弾いてくれました。

 

ママさんパパさんは、本当にお幸せな表情でした。

 

幻想即興曲・・リストのコンソレーション。

ノクターン。そうです。どの曲もこの先

 

Yちゃんに弾いてもらっていく曲たちです。

必ず幻想即興曲を弾くようになられますよ。

 

その言葉に目をぱちくり。

驚いいていただきましょう。

楽しんでコツコツと弾いていくその先に

名曲がこのリビングに響くのが、私には

見えるのです。

美味しいハーブティーとケーキをご家族の中で頂きながら、

この美しい時を記憶したいと思っていました。

 

 

Yちゃんはじめ、すべての生徒さんに

音の響きが寄り添っていることを気づけますように。

その響きを紡ぐ時間がかけがえのない時間となっていきますように。

 

そして、その喜びが生徒さんを満たし、ご家族にも流れていきますように。

 

虫の音が夏の疲れを癒してくれます。

皆さま、お幸せでいてくださいね。

 

さいたま市緑区・浦和区・見沼区・大宮区・久喜市・東京都から・・

通わているピアノ教室

まえだやえこピアノ教室