ただ在るだけで



4時に目が覚めました

はやい

はやい

しばらく目を閉じていたら

5時になっていました。



階段をおりると

小屋のプティは

寝そべり形から
おすわり形にかえて
ちょこんと居ました。


行こっか?



スススス

スススス

しずかに 
虫の鳴き声が響いています。

涼しくなりました。


今日は曇り空で湿度は高いですが、
涼しい大気は
なぐさめを感じさせてくれて

今ここの優しさに満たされました。



プティが行きたい方向へ

力強く歩む

その方向へ伴歩します。




初めての風景へ
今日は冒険心に溢れていました。




あらがわない


うち側に「在る」
しずけさと優しさと 
すべてを包む抱擁 があるから

あらがう 必要がない。


そのままで
  いちばんよいところであれる
     その信頼があります。



「信頼する」とか
「信頼しよう」という力がなく

「信頼がある」




ふと 思うのです。




「弾く」のは
この感覚なんだな と。


すいかの甘みが
からだにしみました。

豆乳ヨーグルトの爽やかさが
ありがたい

そう思いました。



ただ
ゆだねて

「在る」を選択して
力がぬけて

無理する を手放して

気づくと

呼吸や思考が 
なめらかになってきていて

優しさが からだに
流れてきている感覚があります。



さいたま市緑区/ 浦和区ピアノ教室
まえだやえこ