いつも響きあい育みあう親友に感謝!!

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

春が待ち遠しいですね。

 

昨日、教室は調整お休み。

一日、大学時代の親友の武田美千香先生のお宅に招かれました!!

 

美千香先生は東京スカイツリーの側、墨田区でピアノを教え、傍ら演奏を続けています。

 

魚屋さんが経営するお料理屋さんで並んで海鮮丼ぶりを

「美味しいねえ」と舌鼓を打ち、

 

スカイツリーが綺麗に見えるスポットを自転車ひきひき案内してもらったり

 

そして、美千香先生宅へ。

 

隅田川のほとりの木々が見え、

エッセンシャルオイルがほのかに香る、素敵なピアノ響くお宅。

居心地がよくって、たっぷり寛いで過ごさせて頂きました。

 

美千香先生のデザートの美味しいこと!!

ハンガリーのリスト音楽院に留学していた頃に、

イタリアの方から教わったレシピのティラミス。 

マスカルポーネチーズの濃厚さが堪らない美味しさ!!

おかわりしちゃいました。

 

お夕食には「ガパオ」と飴色のコクのある「オニオンスープ」。

朝から下ごしらえをしておいてくれたお肉や香味野菜を

冷蔵庫から出して、

手早く強い火力での手際の良さにはワクワクして身を乗り出しちゃいました。

 

本当に美味しくって!!!

  

たくさん食べ、笑い、話し、弾き、時に泣いて・・・。

あっという間の時間でした。

 

スピーカーが部屋中にいくつもある

ホールのような臨場感が味わえる音響設備で

たくさん演奏も聴きました。

 

その中で、2人でじっと聴き入った曲。

 

ベートーベンのピアノコンチェルト「皇帝」(エンペラー)の2楽章。

 

お互いに苦しい時期もあったよね。

 

その時に力を与えてくれたのも音楽だった。

 

音楽は、その時々に必要なものを与えてくれたね、と。

 

音楽は生きる力を与えてくれます。

どんなに苦しくても、

音楽は私達ひとりひとりに呼吸よりも近くに存在し、

有りのままの心に寄り添い共感し、自然に新しい時を生み出し

歩みださせてくれる。

 

そして時が来ればそのころの苦しさは、自分の大切な一部となり、

私という存在を練り上げ、豊かに育んだ宝となったことを

はっきりと感じ取っています。

 

このことを分かち合いながら、

エンペラーを聴き浸りました。

 

 

 

音楽の持つ力は、人生を豊かにし、

そしてあなたらしい生き方に常に寄り添い共感し

励まし続けてくれます。

 

レッスンを通して、小さな子も、大人の方も

どの方もこの喜びに気付き、

満たされ続けていきますように。

 

美千香先生との出逢えたこと、

いつも励まし合い、喜びを分かち合い

響きあい続けられることに心から心から・・感謝しています。

 

美千香先生、ありがとう!!

 

♪今日の演奏は20世紀の巨匠

ブレンデルの演奏でベートーヴェン ピアノコンチェルト「エンペラー」を。

 

私達がじっと聴き入った2楽章は 20:40から。

そして2楽章から3楽章に入る、その瞬間も感動的です。29:00から。

 

皆様、春を待ち望むこの季節、お身体を大切にお過ごしくださいね。

 

さいたま市緑区 静けさの中で音だけに向き合う まえだやえこピアノ教室

                             まえだやえこ

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    武田 美千香 (木曜日, 23 2月 2017 00:55)

    弥生子先生いつもありがとうございます。

    ベートーヴェンコンチェルト5番の2楽章は、私が苦しかった時期に乗り越える力をくれました。
    なんのしがらみもなくピアノにひたむきに打ち込み、懸命に自分なりの音を探していたいた時期に弾いていた曲でした。
    病気や色々な悩みで希望を見出せない時に、その頃の自分を思い出させてくれ、また私にはピアノがある事を思い出させてくれました。
    弥生子先生がお話になった様に、あの苦しみ、悲しみは確かに今の私たちの大切な一部となっていますね。
    そういうお話しを隅田川のそばの、良い意味でも悪い意味でも忙しいエリアの片隅でゆったりと語り合えた事、とても嬉しかったです。

    私たちの生徒さん方にも、ピアノが一生の大切な宝になる事、力強く生きていく為の自信となる事を信じてもらい、ずっと弾き続けて行ってもらいたいですね。

    ありがとうございました。

  • #2

    まえだやえこ (木曜日, 23 2月 2017 06:17)

    美千香先生、こちらこそいつも感謝しています。

    本当に、ピアノに無我夢中で向き合い、切磋琢磨した時代は、
    今思えば、美しい思い出。

    しかし、実は今が一番美しいのかもしれません。

    あの頃の自分をいとおしく想い、
    あの頃の自分に感謝し、
    改めて音だけに向き合いながら、
    今度は分かち合い育みあえる生徒さん達がいる。

    私達は幸せですね。

    美千香先生が仰るように
    都心と埼玉、それぞれのエリアで
    生徒さん達がピアノを通してピアノが かけがえのない自分の一部となり
    ご自分ならではの生き方を輝きを持ち歩んでくださるように願い、
    一期一会でレッスンに向き合いたいですね!

    美千香先生、ありがとうございました!