癒やしの旋律

癒やしの旋律 · 2018/11/27
やさしい光がさしこむ時 こころの深みに 感謝がうまれます。
癒やしの旋律 · 2018/11/20
20日火曜日。 忘れられない1日になりました。
癒やしの旋律 · 2018/10/19
1日半 不調でした。 昨日はレッスンをお休みをいただき、 よく眠りました。
癒やしの旋律 · 2018/10/18
朝から 体調が優れなかった。 家事を終え お部屋を整えたが だるさがある。 夕方のレッスンの為に、 ゆっくり横になることを選ぶ。 夕方のレッスンは 気付かれずにすんだ様子。 少し空きがあり、 その時に、 最後の大人の生徒さんから 電話がかかってきた。 「仕事が立て込んで終わらず、 まだ、かかりそうなのです。 ごめんなさい。 もし宜しければ...
癒やしの旋律 · 2018/10/17
なんという なぐさめ。 なんという 愛なのだろう。
癒やしの旋律 · 2018/10/15
自分の心が いつも かわらないよろこびに 満たされていること。 これは 生きていく中で 最大の宝だと思う。
癒やしの旋律 · 2018/10/14
わたしの中には いつも 泉が湧いている。 響きが いつも泉にある。
癒やしの旋律 · 2018/09/28
かなしいときは かなしいままで。 かなしみを包むやさしさは そのままで 抱きとってくださるから。
癒やしの旋律 · 2018/09/22
ふと 下の詩がこころに のぼってきた。 バッハのシチリアーノを 弾いているときだった。 「あなたがたは知らないのか。 夜のあとには朝が訪れ、 降り注ぐ雨が干ばつを退け、 冬が終われば、春になり、 夏になることを。 だから希望を持ちなさい。 永遠の希望を。 あなたを支える方は 決して あなたがたを 見捨ることはないからだ。」
癒やしの旋律 · 2018/09/10
頭がいつもいっぱい。 もっと! もっと! 自分の足りなさに気づいては それを埋めるために 学び、 知識を求め、 走りまわっていた時代がありました。 大切なものがわかったとき 次第に 次第に焦りが緩まり、 不安や恐れがなくなってきました。 今だって 努力はします。 すべきことも します。 でも 誰かのように なるためではなく、...

さらに表示する