発表会は感謝とよろこび、希望へのとき

 

みなさま、4月に入りましたね。
お元気でいらっしゃいますか。

先週日曜日に
「まえだやえこと素敵な生徒さんたち」
を致しました。
生徒さん関連以外にも、たくさんの方々に お越し頂きましたこと、心より感謝いたします。

わたしがひとりずつを皆様にご紹介し、演奏、また、次の方を紹介し演奏...との流れで進行致しました。

ひとりのひとりの日常に響く音楽を
会場の皆様に味わって頂けたのでは、と思います。

すべての生徒さんは楽しみながら、
ご自分の今の最高を表現なさいました。
素晴らしい演奏でした。
私は進行し、聴きながら胸が熱くなりました。

音楽は素晴らしい。
ひとりひとりに与えられている輝きは美しい。

また、じっとその奏でるところを聴こうとされる会場の皆様の優しさと眼差しにも感動いたしました。

「演奏するものも、聴くものも共に響きあう」

わたしがいつも大切にしたい思いが叶えられ、
その臨在に何度も感謝とよろこびに満たされました。

この1日の輝きの時はきっと、
これからの生徒さんの日常に希望を与え、
励まし、さらに豊かな日々へと導いていくと信じます。



これからも生徒さんの存在を愛し、
生徒さんのなかに宿る音に耳を澄まし、
美しさがあらわされていくために
力を尽くして参ります。

長文お読みくださりありがとうございました。

こころからの感謝をもって。

まえだやえこ

当日は運営に

大学時代からの大切な信頼している友、

武田美千香先生に支えていただきました。

美千香先生は

墨田区で演奏と指導をされています。

また、主人にはステージを支えてもらいました。

おふたりのサポートあってのコンサート。心から感謝しています。

東京都武蔵野市でピアノ教室を主催されています

つのゆみこ先生がおいでくださり

こんなに素敵なお花までくださいました。

私が尊敬している先生です。ありがとうございました。

サポートくださった美千香先生。

こんなに素敵なお花でも励ましてくださることに

心から感謝です。ありがとうございます。「やえこが元気が出るようにっていろいろ注文したよ」って。嬉しいです。

我が家のベヒシュタインピアノの立役者。何人もの生徒さんもお世話になっていますY Kピアノファクトリー 調律師の小林さんもおいでくださいました。趣向凝らした美しいお花に感激しました。ありがとうございました。

横浜市戸塚区でピアノ教室と、ピアノサロン主催の梶谷佳子先生もおいでくださいました。昨年5月のオープニングでは私は演奏させて頂き、とても嬉しい思い出になりました。遠くからおいでくださり、素敵なお花までありがとうございました。

おいでくださったみなさま、

 

貴重なお時間をご一緒に過ごしてくださり、本当に嬉しかったです。

ありがとうございました。

心から感謝しています。

 

2年後、また成長された生徒さんに是非会いに来てください。

お待ちしています。

 

 

さいたま市ピアノ教室

まえだやえこ

 

追伸

⏬生徒さん方からいただいたお花も載せさせてもらいました。

美しいですね。

 

他にも沢山贈り物を頂きました。

ありがとうございました。

0 コメント

準備は整いました!

あたらしい春がやってきましたね!

4月1日(日)12:30〜16:30
浦和プラザイーストホールにて
「まえだやえこと素敵な生徒さんたち」を開催いたします。

60歳からピアノを始めた人生の先輩や、
子育てが一段落なさってから始めたお母様達。
小さな頃から弾いて育った働く女性達。大学生、高校生、中学生、小学生、おちびちゃん

23名がステージを楽しみに、準備しています。

ゆったり寛げる空間にピアノはベーゼンドルファー。ピアノ独奏、連弾、フルート、

鍵盤ハーモニカ、まえだの歌とピアノソロのプログラムです。

およろしければお散歩気分でふらり、くつろぎにいらしてください。

入場無料です。

0 コメント

リハーサルが終わり、いよいよ2週間後!

いかがお過ごしでいらっしゃいますか。
今日は朝から3つのグループに分けて発表会のリハーサルをしました。
ひとりひとり、それぞれの位置で本当に音楽を愛していることが
ひしひし伝わり、心燃やされ、嬉しくなりました。

...

最後のグループでは終わった後もお茶を飲みながら、
みんな寛ぎ、話しています。

私が「鍵盤ハーモニカの演奏がカッコいいから もっと引き立てるアレンジになりたいんだけどな」と、
おもむろに弾きながら話すと、
「先生、ここのベースはGにしたらどうですか(^o^)」
と弾きながら教えてくれる生徒さん。
弾くといい感じ*わあ!ありがとう
すると、おお~!とみんな集まってきます。

リハーサル後なのに、弾いて、吹いて、歌って。
 

4月1日のコンサート。
私達には大きすぎる会場。
大きな窓からは桜が美しく望めます

会場に響きがいっぱい満ちますように。

 

新しい週が始まりますね。
お元気でお過ごしくださいね。

自動代替テキストはありません。

 

0 コメント

まえだやえこと素敵な生徒さんたち

お元気でいらっしゃいますか。

教室は、発表会の準備で

にぎやかです。

 

いつも弾いている曲を

舞台の上でも味わって弾けますように。

教室の発表会は2年に1回。

前は1年半に1回でした。

 

今は、このペースがちょうどいいと思っています。

 

年に2回、子供の生徒さんは

サマーコンサート・クリスマスコンサートがあります。

みんなの前で披露するために

曲を深めます。

そうすると、

その曲はとても親しくなり、

学校に向かう道中も、

くつろいでいる時も、

心の深みから響いてくるようになります。

 

1曲でもいいんです。

心の深みから自分の本音のところで歌い、

最も近くに感じる大好きな曲があること。

 

大人になったとき

「発表会でこんなドレスを着たの」

という思いでもうれしいですが、

 

「私、この曲を弾いたの」

 

そう、曲の響きとともにあたたかな時間を思い出せたらなんて幸せかと思うのです。

 

先生がなかなかブログ更新ができずにいたのですが、

生徒さんがノートブログを書いてくれました🍀

ありがとうね♡

 

4月1日(日曜日)

東浦和プラザーイーストホール

12:30~16:15

まえだやえこと素敵な生徒さんたち

を行います。

入場無料です。

 

とってもゆっくりくつろげる空間です。

お昼寝なさってももちろんオッケイ!!

生徒のみんなとともに、

皆様とともに響きあえることを

楽しみにしています。

 

そっと、ふらっとお出かけくださればうれしいです。

 

あたたかな春がそこまで来ていますね。

花粉くっしゅん・・のかたもたくさんいらっしゃることでしょう。わたしも・・です(笑)。

どうぞ、お元気でお過ごしくださいね。

 

さいたま市ピアノ教室 まえだやえこ

0 コメント

卒業謝恩会の伴奏依頼から始められたピアノで、新しい夢時間

みなさま、いかがおすごしでしょうか。

あたたかく感じる瞬間も増えましたね。

 

今日はおひとりの生徒さんを

ご紹介いたします。

 小学校の卒業生を持つお母様生徒さんNさんです。

「謝恩会でお母様全員で贈る合唱の伴奏をお引き受けしました。

その時に自信が持って弾けるようになりたいのです。レッスンを受けさせてください。」

と、冬の入り口に入会されました。

 

その時から丁寧にじっくり取り組まれ、いよいよ今週その本番を迎えられます。

 

「合唱の伴奏を自信を持ってみなさんと

ひとつになりたい。」

 

きっかけはそこでしたが、

 

始めてみると、子どものころにやり残されたと感じられていることが思い出され、

どんどん願いや夢が溢れてこられました。

 

今はバッハのような古典の曲を集めた楽譜に夢中で弾きこまれています。

 

さらには、

響きが美しく出せる弾き方を探しながら、

ピアノの音色が輝くことを夢中に楽まれています。

 

幼子のように夢中になられる姿、そして演奏は本当に美しく、毎回私は感動するのです。

きっと、合唱の本番は、

存分にピアノの響きを楽しみつつ、

コーラスの皆様との響きあいを聴きながら

会場を祝福と感謝の喜びに満たされることでしょう。

そして、教室は

4月1日の発表会に向けて

じっくり準備の期間に入りました。

 

演奏する生徒さんお一人お一人のこころが

一音一音に満ち、

作曲者と楽器とも一つになって

会場を満たしていくでしょう。

 

 

出演しない生徒さんもたくさんいらっしゃいますが、

どの生徒さんにも音楽は触れ、

一人一人のその時々を満たし、育んでいます。

 

どうか、この教室にいらっしゃる生徒さんが

いつも一音一音に満ちる光・・よろこびと一致していきますように。

そして、音楽の神秘を通して、ご自分の生涯も神秘で満ちていることに

気づいていかれますように。

 

その自然体美しさが、ご家族やお友達とも響きあい、

しあわせな日々でありますように。

 

次のブログでは発表会のご案内をさせてくださいね。

また、今までのように おひとりおひとりのドラマや、

ピアノの素晴らしさをどんどんお伝えさせてくださいね。

 

 

芽吹きの季節も

もう そこまできています。

花粉症の方にはお辛い季節かもしれません。

どうぞ、お身体をたいせつに

お元気でお過ごしくださいませ。

 

さいたま市浦和区

音だけに向き合い、

音楽のよろこびとひとつになっていける教室

まえだやえこピアノ教室 前田弥生子

0 コメント

音の世界のよろこびに気づかされる日々

皆さま、おかわりありませんか。

寒くて、身体がかたまりそうな日々。

 

音の響きに浸り、あたたまりにきてほしいな、と願いながら

お迎えする毎日です。

 

インフルエンザもはやっている様子です。

皆さま、お気をつけてくださいね。

 

寝込んでいらっしゃり、レッスンをお休みされていた

お久しぶりの大人の生徒さんとの時間。

不思議に落ち着いた、響きに耳を傾けられた美しい演奏。

寝込まれていた中で、自由な音になられました。

「弾けない日々も恵みだったのですね。」

と笑い合いました。

 

また、小学生の女の子は、

ブログを始めたようですよ(笑)

楽しいですね!

発想が素敵だと思いませんか。

毎回の更新を誰よりもワクワクしているのは

何を隠そう、この前田でございます😊

 

また、別のちいちゃな生徒さんは、

音と音の間がきこえるよ〜、

見えるよ^ - ^と言いました。

 

すごいです!

この言葉が出るって、すごい音との関係性だな、と感動しました。

 

私は、生徒さんには直接、音とひとつになって、

音に導かれる喜びを知り、深めてほしいと願っていますので、

弾いている途中では、なるべく話かけないようにしています。

 

生徒さんと音との中に、

土足では入りたくないのです。

 

弾き終えた生徒さんは、いいお顔だな、と思います。

色々見えること、感じたことを

話してくれることもあります。

 

わたしは感動します。

美しいなあ、と思います。

 

指のトレーニングのハノンですら、

ワクワクした〜、もいっかい弾きたい、

と言われると、音の世界は曲の質ではない喜びに満ちていることを

再確認するのです。

 

そして、生徒さんを通して音の世界に

わたしも教えてもらう感覚があります。

夢中になる大切さを。

 

先生も生徒さんも

一緒に音の中で泳ぐのです。

 

ワクワクします。

いきているよろこびに満たされます。

 

サイコ〜だね、と生徒さんは言います。

 

練習ノートは書くのが好きな子だけです。

心に刻むだけが良い子には

足枷になるからです。

 

自由な感性であってほしい。

 

たとえ、コンクール受けしなくても、

聴いたら忘れられない演奏をするものであってほしい。

 

そのためには、

ひとりで弾き深め、

魂のほとばしりになるまで遊んでほしい。

遊んでほしいのです。

幼子のように無心なって。

 

わたしはじっと空気になって

誰もいない空間で弾いているような感覚になるように、

存在を消すのです。

 

先生の知性や教養や、努力したという過去は

生徒さんには邪魔になることが多いように思います。

 

学んでいても、過去の努力や栄光も

それは天に返す。 

何も持たない時に必要なことだけを

随所で音の神さまが示してくださいます。

 

生徒さんは先生を見たいのではない。

音だけ見たい。

表現の中だけにいたい。

 

きっとそう感じていると

わたしはいつも感じるのです。

 

わたしのような小さな先生という存在で

大いなるものを直接見えなくしてしまったり、

制限して見えるようでは

音楽に申し訳ないです。

 

ただ、ともに感動して、

ともに泣き、よろこび

ともに愛すること。

 

今日も、だれかひとり・・・

だれかひとりが、音楽によって、

本当の自由を知り、

消えないよろこびに満たされますように祈ります。

まだまだ寒い日が続きそうです。

どうぞ、あたたかくなさり、ご慈愛ください。

感謝を込めて。

 

さいたま市隠れ家的なピアノ教室でありたい

まえだやえこピアノ教室  前田弥生子

0 コメント

音の願いがひとりひとりに豊かに実りますように

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

強い寒波が到来。

さいたまでもマイナス気温になりました。

 

私はこの新年、

インフルエンザBになり、

本当につらかったです。

 

今は、身体中の毒素が

インフルエンザと共に

出て行っちゃった感じです!

すっきりしました!

 

時々、風邪やインフルエンザになることも

いいかなと思いました。

病の辛さが分かるから。

 

弾きたいのに弾けない、弾く力が湧かないことも分かりました。

そして弾くこと以上に、大切なことにも気づくのです。

弾けなくても、弾かなくても

何にも持っていなくても、

音の響きは私の中にありました。

静かないのちの響き。

ベートーベンやバッハのように整っているものではなく

ただ、いのちの鼓動がありました。

これこそ音楽だなと思いました。

 

この年末年始で

たくさんのお問合せを頂き

体験レッスンをさせて頂きました。          

 

将来DJをしたいんです。

そう話してくれた高校3年の男の子。

大学は決まっています。

パソコンで音楽を作りたい、とも。

全くの初めて。

きっと彼は、状況状況を音で表現したいのではないだろうか、と思いました。

その時々の状況や感情を音にのせる即興を導き、

さらに、あらゆる感情表現をなされたもの、楽譜を読み、知り、感じ、弾く。

また、指が自在に動くように、簡単なテクニック要素も入れていきましょう、と話し、

それぞれを15分ずつレッスンの中に盛り込むことを決め、スタートをきりました。

 

きっと、音を借りながら、自在に多くの人に

勇気や力、慰めや癒しを流し出すようになるでしょう。

 

また、ドラマ、のだめカンタービレに夢中になり

観て、観て、観てきた若い女性。

すでに会社経営者であることにも驚きましたが、

「道化師の朝の歌」という、ラヴェル作曲の上級者が弾く曲の1ページ目を

まるでピアニストのように没入して弾かれました。

息をのみました。

曲の意思とひとつになった弾き方に驚きました。ま

教わることだけに頼ったひとは、こうはなれないかもしれない、と

直感で感じました。

 

好きこそもののじょうずなれ。

 

好きでたまらない、弾かずにはいられない人には

魂のほとばしりがあります。

 

シューベルトのソナタを、

歌い込み、理解を深め、新たに弾き直していくことに喜びを持ち、

スタートをきられました。

 

ピアノの先生のお母様と共に

ピアノに夢中になってきた少女も

凄かったです。

身体中で感じてチェルニーを弾く。

テンポ速い曲を見事に弾き切り、

アグレッシブで

潔く、美しかったです。

 

 

 

自分の心が震える演奏を紡ぎだしていってほしい。

弾かずにはいられない思いをどうしたら表現できるのかを

模索して、飢え乾いて、渇きの中で自らの中から汲み上げていってほしい。

 

その模索し、探していくことに伴いたいと思います。

 

私はピアノを「おけいこ事」とはあまり思いたくありません。

「おけいこ」という言葉には

先生と生徒、この結び付きが連想され、

私には、少々重くて不自由な感じがするからです。

 

音楽は学ぶより、生きるもの。

音楽はいのちのほとばしりであり、

いのちの輝きであり、

よろこび満ちる生命への賛歌。

 

先生も生徒さんも

音楽だけに向き合い、

お互いに響きあうものでありたいです。

 

ピアノを弾くすべての人が、

ピアノに触れる時間は、

いのちの源泉に触れる時間であって欲しいと願いながら。

 

 

お母様である方も来られ、

美しいポピュラーソングのピアノソロバージョンを一気に弾き切られました。

子供たちの習い事の送迎、

仕事、家事でフル回転の毎日だそうです。

そのなかで弾きたくて、時間を見いだし、弾き深めてこられたことが音から溢れ流れ、胸が熱くなり涙が自然に流れました。

 

 

通いたいレッスンをどんなペースだと有意義に続けられるか

考えておられます。

 

 

私はお伝えしました。

「弾いていない時間も弾いている感覚になります。

ご自分の立ち位置の中で心地よく続けられる形式を見つけてください」と。

 

楽器は、響きあう空間は、

また、先生である私は

いつでも、ゆったり待っています。

 

 

この教室は、誰でも、どんな状況にあって、どんな願いを持っておられても、

音と響きあい、感じていることを表現したいと願うひとが、らくに訪ねられるところ。 

 

音の世界は、ひとりひとりに響きあうことを願っています。

 

ひとりひとりに与えられた生涯が、音の響きに満たされ、

音楽が1面だけではなく、

音楽から流れる、人格を高め、しあわせが与えられていることを知っていく感性が

自然に、心地好い中で育まれますように。

 

寒さ厳しい日々、どうかあたたかくお過ごしくださいね。

感謝を込めて。

さいたま市浦和区ピアノ教室 まえだやえこ

 

0 コメント

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

 

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

お風邪など、ひいておられませんか。

 

 

またこのページを訪れてくださり、

ありがとうございます。

御一緒にわかち合えますことを

とても嬉しく思います。

 

 

みなさまにとって、

今年が

よろこびに満たされる日々でありますように

また、

この小さな教室をとおして、

この者をとおして、

 

音楽はやさしさに満ち、

おひとりおひとりの中に住まい、

いつも、どんなときも

励まし、慰め、

勇気を与えてくれることが

流れていきますように。

最後に、

 

ピアノの表現の豊かさ、

音色の多彩な美しさが

日々を変える神秘であることを

私も生徒さんとともに

知り続けることができますように。

 

願いが溢れてきました。

 

皆さまは

どんな願いをお持ちでしょうか。

 

皆さまの願いが豊かに豊かに 実りますように願います。

 

 

今日は

リストの愛の夢をお届けいたしますね!

 

皆さま、どうぞ

今年もよろしくお願いいたします。

 

また是非このページに

遊びにいらしてください!

 

 

御一緒にわかち合えますことを楽しみにお待ちしています。

 

冷え込む日々が続きます。

どうぞ、あたたかくお過ごしください。

 

感謝を込めて。

 

 

さいたま市浦和駅2キロ圏内

東京近隣の方々の

隠れ家的なピアノ空間でありたい

 

まえだやえこピアノ教室

       まえだやえこ

0 コメント

出逢いに感謝しています。よいお年をお迎えください。

今日は31日。

2017年の最後の日です。

皆様は今年1年

どんな年でしたか。

 

私にとっては

感謝の年でした。

生徒さん達とたくさん音楽を分かち合い

みなさんご成長され、

美しいなあと思うのです。

 

皆さんが音楽に自ら心を開き、ピアノを自然体で紡ぎ、

ピアノへの思いが深まっていくなら

弾かずにはいられないピアノになっていきます。

どうぞ、生徒さん、

またピアノを愛する皆さま、

ご一緒に自然体で響きあってまいりましょう。

 

今年も新しい生徒さんをたくさんお迎え致しました。

ピアノの先生も遠くから

習いに来られました。

またずっと弾いてこられた方も、

また、小さな小さな生徒さん、

小学生、大学生、初めての方・・

新しい出逢いに感謝しています。

この教室の生徒さんは

みなさん安心してこられ、

レッスンを楽しまれ、

お気軽に質問や願いをお話しくださいます。

どうぞ、教室の時間を・・またピアノに向かう時間を自然体に存分に楽しんでほしいと思います。

教室が、ピアノが、皆さんにとって

ほっとし、喜びを感じ、ご自分の成長の豊かさを感じるものでありますように。

 

来年4月1日はプラザーイーストで

発表会を行います。

よろしければふらりと聴きにおいでください。

きっとお一人お一人の生徒さんの素敵な持ち味に幸せ響きあえると思います。

私も演奏いたします。

 

今年1年、このブログをお読みくださりありがとうございました。

皆さんにとって新しい歳が喜び満ちる日々であるようにお祈り申し上げます。

感謝を込めて。

 

まえだやえこ

 

0 コメント

クリスマスのお歌を歌いましょう!!

皆さま、

メリークリスマス!

昨日は御用があり浦和の楽譜屋さんへ行きました。

たくさんのクリスマス曲に溢れていました。

 

皆さまもお好きなクリスマスソングがおありでしょう。

 

今日はクリスマスソングの中でも

スタンダードになっている曲をメドレーにしてみました!

 

御一緒に歌いましょう!

 

23日の5才の女の子のレッスンで

録音しました。

 

教室の雰囲気も味わってみてくださいね。

 

今年も残りわずかですね。

お身体を大切におすごしください。

 

感謝を込めて。

まえだやえこ

0 コメント

クリスマスコンサートとパーティに乾杯!!

いかがお過ごしでいらっしゃいますか。

小さな教室では

10日日曜日、早いお昼から

クリスマスコンサートをいたしました。

 

 

 

 

みんなみんな楽しく弾いてくれました。

そして、お客様になった時には

じっと聴き入り響きあっていました。

 

 

みんなみんな響きあい

心を寄せ合う。

小さな子を

そっと膝にのせるお姉さん。

子供たちの自然で素朴ななかに

やさしさが響きあっていて

こころから嬉しいと思いました。

 

 

その後はランチパーティ。

乾杯の音頭は、立候補一番手の

おうちゃんです!!

その後は

お父さんお母さんが加わって

先生のミニコンサートをいたしました。

途中にはクイズや

(可愛い賞品付き!)

やえこ先生サンタから

みんなみんなにプレゼントをお渡しし

盛り上がったところで

 

クリスマスメドレ―を歌って、

最後にみんなで「メリークリスマス!!」声高らかに!!

よろこびが満ち溢れました。

 

お開きの後に

ラインでお母さまから

嬉しいお声を頂きました。

 

「今日は素敵なクリスマスコンサートをありがとうございました。美味しいお料理を頂きながら、みんなで過ごす楽しい時間は子供たちにとって宝物になったと思います。

 

先生の心のこもった演奏に、主人も感動しておりました♪♪」。

 

お父様も来てくださったことも嬉しかったです。

こころあたたまるお言葉に感謝に満ちました。

その後は、次次とお母様方から嬉しいお言葉をどんどん頂き、

楽しんでくださったことを感じてよかったな、と思いました。

 

私の願いは

ピアノを通して音色の美しさや豊かさを知り、

自分に素晴らしい世界が与えられていることを知り続け

実際の音で表現を深めてくれること。

 

生徒さんがピアノを通して生涯が豊かで幸せでありますように!

ご家族が幸せでありますように!

皆様が幸せでありますように!

 

音楽の願いがひとりひとりに実りますように。

 

お読みくださいましてありがとうございました。

 時節柄くれぐれもお身体を大切になさってください。

 

感謝を込めて。

さいたま市浦和区、緑区、見沼区、ピアノ教室

まえだやえこピアノ教室

0 コメント

明日は子供の生徒さんのクリスマスコンサートとランチパーティ!!

明日はこどもの生徒さんの

クリスマスコンサートと

パーティーをします。

みんな、

心を込めて弾きこみ、

整いました。

それぞれがみんな、

素敵な演奏者です。

私はご馳走を作ります。

もてなされている嬉しさを

感じてほしいから。

 

みんなで音をわかちあい、

食事をわかちあう。

 

これはひとりひとりへの

クリスマスからの贈り物。

 

明日は笑顔があふれますように。

音の美しさに

心が満たされますように。

 

どうか、クリスマスのやさしい光が

皆さまにもありますように。

 

寒くなりました。おからだ大切におすごしください。

 

 

まえだやえこ

0 コメント

本来みんな持っている素敵感覚!

日曜日の昼下がり、

あたたかな日差しに

愛犬プティとのウォーキングは 

心までぬくもりました。

 

皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 

クリスマスコンサートに向けて

生徒さんたちは

それぞれ楽しんでいます。

小学3年生のOちゃんは

レッスンで動画をとり

すぐにその動画を見ながら

自分の楽譜に書き込んでいます。

 

「この音は飛びこんでた」

「この一段は何だかもったりしてるな」。

ひとりで つぶやきながら書き込んでいます。

自分で素敵か、おしいか、

感覚は正直です。

教わることも大切ですが

自分の直感はもっと大切だと思います。

 

夢中になるその姿

そこから溢れだす響きが

人や場所にこぼれ共鳴し合う。

それが音楽の願いだと私は思うのです。

まだ11月。1日1日を大切に

色づいた木々の葉を愛でつつ

クリスマスを待ち望みます。

みなさまもよい残りの11月をお過ごしくださいね。

感謝を込めて。

 

さいたま市 まえだやえこピアノ教室

0 コメント

美しい音色が出るようになってきたね!!

冬支度の11月、

秋の美しさも味わいたいな、と思います。

いかがお過ごしですか?

 

昨日、愛犬プティのトリミング

(シャンプーカット)に行きました。

その道中は、大好きな道です。

軽井沢ドライブのような気分が味わえるひとときです。

さぎやま記念公園へ向かう道です。

終えたあとのプティさん。

頭と耳を繋げるアフロカットで

お鼻まわりはテディーベアカットです。

泥パックもしていただき

とても優しい香りがしました。

よかったね。プティ。

 

生徒さんはクリスマスコンサートにむけて

おけいこを頑張っています。

生徒さんHちゃんの練習ノートです。

 

今のHちゃんが取り組んでいることは、

美しい音色をうみだすこと。そのために

力をぬいて弾くこと。

ひとつひとつの音に  よけいな力が入らないこと。

 

練習ノートを通して

自分に向き合っていますね(^o^)

いくつもある曲をバランスよく練習していますね。

Hちゃんは自分を楽しませるプロです。

Hちゃんが書いています。

「練習と思うより遊びでひいたほうが楽しい」。

 

こつこつ続ける練習に自分なりの意味と価値をもたせる。

それは楽しんだもの勝ち!!

結果は必ずついてきます。

美しい音で自由に弾けるようになる・・という結果が💛

「今の自分を信じて

美しい音色で弾きたい!」

その生徒さんの思いを

全力で応援していきます。

 

 

 

寒くなりました。

どうかあたたかくお過ごしくださいね。

さいたま市 美しい音色を求めていく

まえだやえこピアノ教室 まえだやえこ 

 

0 コメント

ピアノを通して繋がるよろこび

秋がいよいよ深まって参りましたね。

お元気でいらっしゃいますか。

今日は季節を先取りして

クリスマスの曲をお届けいたします。

宜しければ聴いてみてくださいね!

 

教室では12月10日に

子供の生徒さんのクリスマスコンサートと

ランチパーティーをいたします。

 

みんなそれぞれ曲を選んで

頑張っていますよ!

みんなの前で弾く体験は

自信に繋がります。

それまで曲を弾きこむことで

音楽を心の深みで味わえるようになっていきます。

素晴らしい体験ですね。

 

みんなが自信を持って素敵な演奏が出来るように

しっかり指導していきます。

 

お話はかわりますが、

先日、大学時代からのお友だち、

武田美千香先生の発表会の

お手伝いに行ってきました。

 

本番のアナウンスと照明を

させてもらいました。

舞台裏の、ちょうど演奏者の真ん前に座り

曲名や、演奏者をご紹介いたしました。

みなさん、集中して

自分の音に聴きいって演奏なさっている姿をしっかり見させて頂きました。

 

毎年お手伝いに行きます。

ですから、ひとりひとりの成長に

本当に感動しました。

 

4月1日の私たちの発表会には、

武田美千香先生がサポートして

くださいます。

 

 

心強いサポートを頂いて

さあ、わたしたちの教室も演奏に向けて

素晴らしい演奏ができるように

ピアノに向き合っていきましょうね!

 

ミッドタウン内の日本料理やさんでの

打ち上げでは、

ピカピカつやつやの土鍋で炊いたギンシャリ、

はたはたの姿焼き、百合根饅頭、アワビ茸の炙り、串焼きの数々など

美味しい秋の味覚をご馳走になりました。

 

気の置けない仲間。ざっくばらんなお話。

いいきもちで、写真を撮るのを忘れてしまいました(笑)

滅多に食べないご馳走、写真に納めたかったのですが(笑)

 

音楽をとおして喜びを分かち合い響きあえるって幸せなことです。

どうぞ自分のなかに湧いている音とひとつになり、

喜んで弾き深めていきましょう。

その姿やその音色は自然におうちの方やお友達とわかち合っているのです。

その体験を味わっていきましょうね。

 

私も生徒さんと、また皆さまと

ピアノをとおして響きあえて幸せです。

 

寒くなりました。

あたたかくしてお過ごしくださいね。

そして、心あたためる季節を、御一緒に響きあえたら嬉しいです。

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました。

 

さいたま市  まえだやえこピアノ教室

冒頭の紅葉は素晴らしい写真家でもいらっしゃる、片柳神父さまのお写真です。

皆さまに秋をお届けしたくてシェア頂きました。感謝+

 

 

2 コメント

健やかな時も病める時も・・

台風の影響で雨が降り続くさいたまです。

寒くなりましたね・・。

体調を崩したりされていませんか?

 

今日は、幼稚園の頃からお教えしてきた

ひとりの生徒さんのことをお話しさせてください。

先週の土曜日はYちゃんの結婚式と披露宴があり、お招き頂きました。

本当に美しかったです。

 

そして、こみ上げる想いがありました。

 

とてもやさしく素直な性質のYちゃんは

ピアノに自然体で慕っていて

高校の時も、大学のときも、

銀行に就職し、

海外との取引を任される責任のある日々を送る中でも

 

23年間、弾き続けてきました。

 

傍らで見守る途上に、

悲しいこともありました。

17歳のときに最愛のお母様を天に召されたことです。

 

お母様はご療養中、静かにおっしゃられていました。

「先生、私はYのピアノで癒されています。Yのピアノが大好きなのです。」

 

23年間でYちゃんは

発表会やオーデイションなどを通して

たくさんの名曲を弾いてきました。

 

Yちゃんは、今でも弾き続けている曲があるそうです。

練習していた時の記憶と共に

これからもYちゃんのなかに曲が息吹続けることでしょう。

ウエディングドレスから

シンデレラのように清楚な可愛いドレスに

お色直しのYちゃんがお席に着いた後、

勿体なくも「恩師」とご紹介され、

私は演奏させて頂きました。

Yちゃんのこれまでと、

Yちゃんを愛し見守て来られた

皆さまに囲まれた空間から湧きあがった

即興演奏を・・。

そして、君の瞳に恋してる、を弾かせていただきました。

腱鞘炎で痛み続ける私の左手でしたが、

やさしさに包まれ、よろこびのうちに紡ぐことができました。

美しい宴の最後に

Yちゃんは心を込めて皆さまに

ご挨拶をされました。

 

どれほど皆さまに見守られてきたか。

お母様が天に帰られてからの日々、

お父様とお姉さまが、お母さまの分も担っていつも支えてくださったこと。

そして感謝の気持ちを込めて

静かに演奏されました。

傍らでご主人が見守りながら・・。

ラビンユー。

弾き深めてきた音色はあたたかく輝き、

ご主人様とYちゃんの

ご成長の軌跡のスライドが流れる中、

やさしさと幸せが会場を満たしました。

 

 

私は思うのです。

音楽はひとりの人の人生を

やさしく・・あたたかく・・

そしてかたときも離れないで

寄り添い続けると。

 

お読みくださる方は

様々な位置でいらっしゃると思います。

 

 

 その「わたし」のそのままで

音はいつも寄り添っていると

感じるのです。

 

 

Yちゃんはおっしゃっていました。

ピアノを弾くとき、

お母さんをとても感じることが出来るのです・・。と。

 

 

 

 

 

「健やかなるときも、病めるときも、喜びのときも、悲しみのときも、富めるときも、貧しいときも、これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、その命ある限り、真心を尽くすことを誓いますか?」

 

これは、わたしへ・・あなたへ捧げられる音からの宣言だと感じています。

Yちゃんとご主人・・ご家族・ご親族様・ご友人様が

おしあわせでありますように。

 

どうかピアノを弾くすべての方が・・・、音楽に心を開くすべての方が

どんな時も音のやさしさが  伴ってくれている神秘にきづくことができますように。

 

どうぞ、あたたかくお過ごしくださいね。

 

 

さいたま市 隠れ家的なピアノ教室でありたい・・。

              まえだやえこピアノ教室   まえだやえこ

 

 (この薔薇は素晴らしい写真家でもいらっしゃる片柳神父様撮影です。神父様、ありがとうございます!)

0 コメント

深まりゆく秋のときに・・・

秋色を感じるようになってきました。

 

いかがお過ごしでしょうか。

 

秋が深まりゆき、

そして迎えるクリスマス・・。

 

これからの日々、

移ろいゆく季節を感じたい。

 

 

 

 

 

 

ピアノに向かうとき

呼吸はゆったりとなり、

響きを味わい、

自分を越え、

 自然と・・あらゆる  いのちあるものと

響きあいます。

 

レッスンが、

いかされている  いのちの鼓動を聴き合い、

楽器と曲と響きあう

豊かな時間となりますように。

 

 

さいたま市緑区  浦和区  見沼区 北区 桜区  大宮区、

久喜市、東京都、栃木県などより レッスンにいらっしゃっています。

隠れ家のようでありたい・・・。

まえだやえこピアノ教室です。

 

0 コメント

誇るのではなく、静かによろこぶ広い心を・・。

いかがお過ごしでしょうか。

野鳥の会に入っておられるお友達から

小笠原、硫黄島クルーズの探鳥会に行かれたメールを頂きました。

海と空が青く、

夕焼けも星空もとても綺麗だったそうです。

鳥さん達(カツオドリ)と一緒に甲板で歌ったよ、と。

硫黄島では戦争で亡くなられたかたに献花をされたそうです。

美しい島は

悲しい傷跡の島でもあるそうです。

 

平和を歌い、贖いの愛が、お慰めが届くように祈られたそうです。

 

音楽は、ひとを慰め、癒し、

本来の姿に立ち返らせてくれる力があるように感じています。

この季節は

小学校、中学校では合唱コンクールや

音楽会があります。

 

教室でも毎年オーデイションに受かって

ピアノを弾く生徒さんがいらっしゃいます。

嬉しいです。

その上で、もし出来るなら、

 

選ばれたことを誇るよりも、謙遜であって欲しいなと思います

歌のみんなよりも低きにいてほしい。

 

 

なぜならば、音楽は謙遜を通して

流れていくものだからです。

 

 

音楽は、誇るためにあるのではなく、

響きあうためにあるからです。

 

忙しい日常、

生徒さんがピアノに向き合うことで

平安でありますように。

 

その幸せが家族やお友達に流れますように。

 

さいたま市緑区・浦和区・見沼区・北区・大宮区、

久喜市、東京都、栃木県などからお越しいただいております。

                 まえだやえこピアノ教室    まえだやえこ

 

 

0 コメント

響きあう日々をささえてくださる方

お元気でいらっしゃいますか。

夜休む時に

半袖だと肌寒く感じ始めたさいたまです。

 

「リストのコンソレーション」。

秋のはじまりに弾きたくなる1曲です。

 

 この薔薇の名前は「カフェラテ」。

10年前、バラ初心者の私には育てるのが難しかった品種です。

こっくりしたアンテーク色の美しい薔薇でした。

この季節、来年のお庭を描く癒しの時でもあります。

カフェラテをもう1度お迎えしたいなと、ふと思いました。

 

皆様は来年の春、どんな季節になさりたいですか。

教室の春4月1日は

あたたかい雰囲気の素敵なステージで、

生徒さんに音の響きを

楽しんでもらうコンサートをします。

 

その前の冬12月には こどもたちの

クリスマスコンサートとパーティー。

おおきなケーキを焼き

いちごをたくさんのせてクリスマスケーキを作ります。

フライドチキンを揚げ、パンも焼きます。

いっぱい嬉しく沢山笑う時間を過ごしてもらいましょう。

ひとりひとりが「わたし、ぼくは特別に愛されている」

と感じてほしいから。

それが何よりの音楽の願いだと思うのです。

 

大人の生徒さん達の

おさらい会とティーパーティーはいつにしようかしら。

ホワイトデー頃は?

日常から、ふと離れて、音に浸り響きあい

ピアノがいつもあることに喜びを深めて頂けたら嬉しいです。

 

 

 

このように、

夢を描き

夢から現在に降りてくると

何をすべきかがはっきりするのです。

夢のひとつ

教室にベヒシュタインをお迎えすることが叶って、

私にも生徒さん達にも幸せが大きく広がりました。

 

音の響きに耳を澄ましています。

 

聴き入っておられます。

本当に嬉しいです。

 

先日はこのピアノのメンテナンス日でした。

 

私のベヒシュタイン購入の夢を

5年も早く実現させてくださった立役者、小林さんが来てくださいました。

ピアノのことがどんどんわかり、

どんどん愛する思いが深まる素晴らしい1日になりました。

 

 

ダンデイーで

何よりピアノの可能性を追求し続ける

素晴らしい職人。

 

小林さんに支えられ、

響きあう時間が支えられているのです。

 

小林さんを少しご紹介させてくださいね。工房は浦和美園そばの「大門」にあります。

 

箱形のピアノも8台くらいと、グランドピアノ2・3台くらいあり、

 調律に関東を廻られる傍ら、

古き良き時代のピアノを、丁寧に修理し、

さらにそのピアノの良さを引き出し、

ほしい方にお売りされています。

 

ピアノは触れる方の職人技術と

また、想いで全く違ってきます。

 

長年、小林さんに関わっていただいて

はっきり感じることです。                                                                                                                                                    

 

 

★電子ピアノから

 アップライトピアノにしたい方。

 

★今のピアノをもっと好きになりたい方。

 

 

1級ピアノ調律技能士&ピアノ工房主催

小林さんに、

お気軽にご連絡なさってみてください。

きっと、ピアノとの関わりが嬉しくなる

秘訣を教えてくださいますよ!

 

 

数日後には小林さんの工房でセミナーもありました。

「今さら聞けないピアノのこと」。

熱心なピアノの先生が集まられ、

新しい発見に感動を頂きました。

(全日本ピアノ指導者協会主催) 

 帰宅して車から降りてお部屋に帰りましたら、プティさんは夢の中でした。

 

 

レッスンの中でもすやすや眠ることでしょう。

響きは

私達の日常にいつも寄り添ってくれています。

 

今、皆さまには

何が聴こえますか。

 

季節の変わり目、

どうぞご自愛くださいね。

 

 

まえだやえこピアノ教室  まえだやえこ

さいたま市緑区、北区、中央区、浦和区、見沼区、大宮区・久喜市・東京都・栃木県・・など多くの地域からおいで頂いています。

  

 

 

0 コメント

新しいピアノにご挨拶

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

さいたま市は、秋の虫の音とともに

まだ、暑さを感じる夜が続きます。

 

今日は幻想即興曲をお届けします。

 

ピアノがお好きな方は、きっと心に残る曲だと思います。

今日は小学1年生のYちゃんのお話です。

 

「そういえば、新しいピアノが来るんだ」

「Yそのピアノと仲良しになるんだ!!。」

レッスンで飛び出した言葉。

 

なんて可愛いのでしょう!!

 

私はこのピアノさんにご挨拶したくなりました。パパさんがお嬢様のために

高価なピアノを買ってくださった。

 

このピアノがYちゃんはもちろん、

ご家族に幸せを流しだすものであってほしい。

お母様に提案しましたら、謙遜にまた

心を尽くしてご夫妻で迎えてくださいました。

 

あらかじめYちゃんとも打ち合わせをし、普段お仕事で練習を聴かれていないパパさんに

演奏のプレゼントをしてあげようね、

と曲も決めていました。

 

玄関周りは可愛いブリキや雑貨に彩られた目に美しい緑・・。

ちいさな喜びがたくさん溢れるおうち。

 

お庭のアナベルやラヴェンダーのドライフラワーが籐に楚々と飾られていました。

生活を愛おしまれるお母様の眼差しと支えるお父様の頼もしさを感じ、即興が湧いてきました。

即興を弾き、じきにYちゃんが弾くでしょう「光のこども」「エリーゼのために」

 

それからYちゃんの演奏。

3曲を心を込めて弾いてくれました。

 

ママさんパパさんは、本当にお幸せな表情でした。

 

幻想即興曲・・リストのコンソレーション。

ノクターン。そうです。どの曲もこの先

 

Yちゃんに弾いてもらっていく曲たちです。

必ず幻想即興曲を弾くようになられますよ。

 

その言葉に目をぱちくり。

驚いいていただきましょう。

楽しんでコツコツと弾いていくその先に

名曲がこのリビングに響くのが、私には

見えるのです。

美味しいハーブティーとケーキをご家族の中で頂きながら、

この美しい時を記憶したいと思っていました。

 

 

Yちゃんはじめ、すべての生徒さんに

音の響きが寄り添っていることを気づけますように。

その響きを紡ぐ時間がかけがえのない時間となっていきますように。

 

そして、その喜びが生徒さんを満たし、ご家族にも流れていきますように。

 

虫の音が夏の疲れを癒してくれます。

皆さま、お幸せでいてくださいね。

 

さいたま市緑区・浦和区・見沼区・大宮区・久喜市・東京都から・・

通わているピアノ教室

まえだやえこピアノ教室

 

 

 

0 コメント

教育ではなく、ただ喜びを貯金していく教室♪

皆さま、お元気でいらっしゃいますか。   

 

夏はどのようにお過ごしでしたか?

 

私は小さなコンサートの演奏や、

また神戸で音楽にどっぷり浸る3日間を過ごしたり、

また、母の家に愛知県から妹1家が滞在し、私たち夫婦も行き、皆で食事を囲み

楽しんだり、心に残る夏時間でした。

 

その中でレッスンは通常通りありました。

 

今日は中学1年生の生徒さんのご紹介をいたします。

 

 

ピアノをお始めになったのは

小学4年生の秋です。

ずっとピアノを弾きたいという願いをもっていて、そのタイミングが来たのです。

 

最初の楽譜はあっという間に終え、

次のバイエルもあっという間に進み終わり

チェルニー30番、バッハインベンションに

進みました。

 

曲も、エリーゼのために、

ショパンのワルツ3番、乙女の祈り、

そして今はシューベルト即興曲4番を

弾いています。

 

当教室のレッスンは、

「音楽の楽しみ・心地よさ・気持ちよさを

味わうこと」をなによりも大切にしています。

 

音楽は無条件の愛であり、

私たちのなかで湧き続け、

また包んでくれている。

その愛を受け取り、浸り続けることが

ピアノを弾くことだと思っています。

 

レッスンを「教育」の時間としてではなく、「生きる喜びに満たされた時間」

と私はとらえています。

 

喜びを味わい、楽しさを知っていくときに

人はおのずと成長したくなるものなのです。

この生徒さんは小さな生徒さんたちにも

憧れを与えています。

 

そして、この生徒さんも発表会で出逢った

素敵だなと感じた、大きな生徒さんがいます。

 

教室全体が、ファミリーのようにあたたかい。決してべったりのおつきあいがあるわけではありません。

しかしあたたかく みんなと

響きあっている感覚が持てる雰囲気。

 これは、先生である私が、教室を「教育機関」だと思っていないところが起因しているのではないか、と最近思うのです。

子供たちは、あっという間に1年・2年・

・・そして大きくなり大人になります。

その1瞬1瞬が今しか味わうことのできない喜びの時間であり、その時間を積み重ねていくときに、ピアノはどの瞬間も伴ってくれるかけがえのない存在になるでしょう。

 

そこに音楽の願いがあると思うのです。

 

この生徒さんにピアノを始めてからの

2年数か月で培ってきたこと、

そしてこれからをインタビューいたしました。

ピアノの魅力がぎゅっと詰まった動画、

ぜひご覧になってみてください。

 

今日から9月。初秋から実りの秋へ・・。美しい季節へと向かいますね。

このページでも、季節の移ろいを音の響きとともに皆さまと分かちあえたら・・

と考えています。

どうぞ、また訪れくださいね。

 

さいたま市緑区・浦和区・見沼区・大宮区・

久喜市・東京都から通われているピアノ教室 まえだやえこピアノ教室

0 コメント

静まって音に耳を傾ける聴く時間を・・

皆さま、お元気でいらっしゃいますか。

 

お久しぶりのブログになりましたが、

このようにまたこのページでお会いできて嬉しく思います。

 

最近、動き始めていることがあります。

 

それは、ピアノに深く関わっておられる方がいらっしゃるようになったことです。

 

 

 

専門の道を進まれた方や、

志されている方は、

まだまだ研鑽をつまねば・・と

努力される一方で、自信を持てないでおられる方も多いように感じています。

 

 

演奏の向上のために、

自分の感じている表現を、安心して自由に思いっきり弾いてみる。

 

そして、培ってきた力を認め、

さらに美しくたくましい演奏を目指し

ピアノに向き合っていかれるために

静まり、自分に向き合う時間をご提供しております。 

 

 さて、話題を教室の こどもたちに

変えさせてくださいね!!

 

みんな、それぞれに思い思いの休みの

過ごし方をしているようですね。

 

前半で宿題全部終わらしちゃって、

あとは遊ぶんだ!!と言った6年生の

女の子。

 

教室は、夏休みもお休みはなくレッスンがあります。

 

それには理由があるんです。

 

ピアノを弾くって気持ちいいんだ・・、嬉しいことなんだ・・と、

体験してほしいから。

 

おうちの練習って、好きでもやらなくちゃならない感覚があると思うのです。

その「ねばならない・・から解放されて、弾くのって嬉しい!だからやろう!!」

に代わる体験を積んでほしい。

 

教室で、ピアノに向かうことをうんと体験してほしい。

 

 

 

 

 

教室では、オリジナルがいくつかあります。

 

その中の1つをこっそりと・・・

お伝えしますね!!。

 

まず、レッスンの始まりでは

目を閉じて、静まるのです。

 

日常のできること・できないこと・

いろんな思いを、そっと横に置き、

音の泉に浸るイメージを持つのです。

 

その泉に浸り、静まる時間を持ちます。

音楽は・ピアノは頑張るものではない。

 

美しいから・・素敵だから・・

楽しいから・・ワクワクするから弾く。

 

その原点に毎回戻る時間。

 

だからこそ弾きたくなる。

だからこそ、集中して弾く時間に変えられていく。

弾きたいピアノであり続けるための

秘密のレッスン。

 

皆さんも体験してみてくださいね♪

 

夏休み、お母様もお子様も・・、

休みだからこそできる、

くつろぎも大事になさってくださいね!!

 

 

・・・ありのままのあなたの中に 音楽は湧いています。

       そのことに気づけるピアノ教室    まえだやえこピアノ教室です

0 コメント

避暑地で過ごすように心も身体も満たすピアノ時間

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

さいたま市は梅雨のような日々が続いています。

夏の疲れも少し感じる頃、どうぞ

お身体を大切にお過ごしくださいね。

 

今日は広島に原爆が投下された日。

9日は同じく長崎に投下されました。

 

一瞬に奪われてしまった命。

命は助かったけれど、その後、

身体に生涯傷を負われた方。

また家族を奪われた方々。

 

想像を絶する痛みを、想像を絶する数の人々が背負われました。

その方々のことを覚えます。

 

その方々の魂に慰めととこしえの平安がありますように。

 

祈りを込めた即興をお届けします。

 

15日の終戦記念日まで、

奏でるすべてのピアノを歴史に捧げたいと願います。

お話はかわりますが、

夏休みに入って、生徒さんは嬉しそう。

おばあちゃんのおうちに行ったり、

旅行にでかけたり。

 

教室のレッスンは8月4回。しっかりあります。涼しい静かなお部屋で、音にむきあう嬉しさを味わって欲しいからです。

みんな、音に聴き入り、とっても心地よく嬉しい時間のようです。

 

 

避暑地のように、涼しく心地よい空間で

 

静かに音を読み、

感じとり、

弾き、

深めていく。

 

弾きこむことに価値を感じて、おうちに帰る。

 

こつこつおうちでも弾き、磨かれてきている

美しい音色に

毎回、私も幸せを頂きます。

 

 

音楽がいつも  ともにあることに喜びを日々感じる

ことができますように。

日常にこそ、幸せがある。

外に求めなくても、豊かさは自分の内側に湧き続けている。

 

この喜びに自然体で気づく教室です。

うまくならないはずがありません!

 

自然体で自分の意思で弾く演奏。

 

 

お読みくださる皆さまも、独自の素晴らしさをお持ちです。

与えられているよさが磨かれ、光を放ち輝く夏でありますように。

 

さいたま市    避暑地のように、涼しく心地よい空間で音に向き合う教室

 

                                                         まえだやえこピアノ教室

0 コメント

サマーコンサート♪持ち味がキラリ輝く演奏でした!!

皆さま、お元気でいらっしゃいますか?

今日の演奏は即興をお届けします。

音の響きと共にあるとき、幸せは今ここにあることに気づきます。

皆様の今も平安と幸せに満ちますように。

 

22日土曜日にこども達のサマーコンサートをいたしました♪

4才みうちゃんがトップバッター。

バイエル46番。

途中から歌いながら弾いていました。

 

みんなみんな、

持ち味があります。

 

 

エネルギー溢れる演奏。

 

丁寧に細部まで優しさを送る演奏。

 

情景がまるで浮かんでみえてくる演奏。

 

 

 

楽しさに満ちた、つい微笑んでしまう演奏。

憧れを追い、集中する演奏。

どの生徒さんも素晴らしい。

みんな、今の位置にあって、

音の世界に浸っています。

 

音はいつも生徒さんの中に住んでいます。

 

その音の世界と一体になる。

 

こんな喜びはほかにあるでしょうか。

 

これから益々素晴らしい演奏へと

育まれていくでしょう。

 

楽しみでなりません。

記念のお写真を撮るとき、プティがワン!オチビちゃんが言いました。

「プティちゃんもいれてあげようよ。」

みんなも「そうだね!」。みんな優しいです。私が癒されていきました。

 

お開き後、私はお迎えのご両親様とお話。

リビングに戻ってびっくり!

お皿やコップがキッチンの流しに綺麗に運ばれていました。テーブルも綺麗に拭いてくれていました。(感動涙)

なんて素敵な生徒さん達でしょう!

 

この生徒さん達がいつまでも喜び満ちる日々でありますように。

ピアノを通して、豊かな感性で生かされている幸せを味わい続けられますように!

 

皆さま、今週もお元気でお過ごしくださいね!

 

 

 

さいたま市緑区浦和区

音はいつもわたし達の中で響いている。その喜びを知っていく教室  

                        まえだやえこピアノ教室

0 コメント

大好きなお姉ちゃんとおひるごはん

お元気でいらっしゃいますか。

今日お届けする曲は、

「グラドゥスアドパルナッスム博士」

ドビュッシーが幼い自分の娘エマちゃんに

書いてあげた曲です。

可愛らしい情景が弾きながら見えるようで

嬉しくなります。

 教室では今日土曜日、

子供の生徒さんのサマーコンサートを

行います♪

 

みんなそれぞれに曲を楽しんで

深めてきています!!

今日がデビューの生徒さんも3人。

音の響きの中で

ピアノっていいなあ♪

と思ってくれたら嬉しいです。

みんなの演奏を喜びあえたら嬉しいです!

 

話題は変わりますが、

昨日お姉ちゃんのような存在の

松井美香先生と新宿でランチをしました。

 

パクチーたっぷりの限定メニュー、

美味しかったです\(^o^)/

 

学研コラムアドラー教育のコラムを

連載されている素晴らしい先生です。

美香先生にコンサルタントを受けたことがきっかけでした。

 

今では妹のように可愛がってくださっています。

ピアノの話を始めると止まらない!!

でツーショットの写真を撮り忘れました💦

 

たくさんのお話の中で音楽の愛に満たされてゆき弾きたくてたまらなくなりました。

 

音楽に乾杯!!響きあえる命に乾杯!!

生かされていることに乾杯!!

この喜びは、すでに生徒さんの中にあります。レッスンを通してそのことを気づき、驚き、体験し、弾き深め、喜び満たされる日々を応援する教室であり続けます。

 

今週もお疲れさまでした!!

よい週末をお過ごしくださいね。

さいたま市ピアノの音と響きあい表現したくなる まえだやえこピアノ教室

                           まえだやえこ

 

 

 

0 コメント

コンサートとお祝いと♪

さいたま市は8日土曜日・・

真夏の暑さでした。

皆さまお元気でいらっしゃいますか。

熱中症にならないようにお気をつけくださいね。

はじめに即興で「しずかな夜」を

お届けいたします♪

教室では8日のお昼から、

大人の生徒さん達のサマーコンサート&

パーティをいたしました。

 

皆さんは時間を上手に使ってそれぞれの

願いを叶えていっておられます。

 

皆さま、発表会ではお顔は合わせますが、

緊張もされていて、じっくり話すチャンスはあまりありませんから、きっと挨拶程度のおつきあいだったと思います。

しかし、お互いを大切に感じておられる雰囲気に満ちた教室です。

そこで、皆さんと時間を共に過ごして頂こう!と思い企画しました。

描いていたように、皆さまはご自分の曲を

弾いて、皆さまの演奏を聴いて、

そのあと食卓を囲み、グラスにつぎあうことで、お互いの演奏を尊重し、尊敬し、

励ましあわれていました。

 

パーティーでは、年長さんから教えている生徒さんのご結婚祝いと

小学校2年生から教えている生徒さんの

社会人1年目のお祝いを兼ねて

シャンパンも準備しました。

和気あいあい、盛り上がりました!!

全粒紛クラッカーに「贅沢3層仕立ての濃厚クリームチーズ」と庭のバジルと

スモークサーモンを乗せた前菜。

早朝から焼いた

クルミレーズンカンパーニュと丸パン。

 

メインはカラブリア風ポーク煮込み。

フェンネルシードと唐辛子が味の決め手。

お肉がトロトロになるまで煮込む南イタリアカンブリア州のお料理です。

サブは、アジの南蛮づけと、アフリカサラダ。(赤玉ねぎとパプリカ、トマト、キュウリを

角切り西、塩胡椒とレモン、オリーブオイルで和えます)

デザートは佐藤錦サクランボの

シフォンケーキにたっぷりのバニラアイスクリームをたっぷり添えて・・。

 

素敵な生徒さん方と楽しい時間を共有でき恵まれたことに心から感謝でした。

 

生徒さんが今弾いている曲の深みに降り、

心から愛し、諦めないで良い演奏へと弾き紡ぎつづけられることを応援しています。

 

皆さま、新しい1週間もよい日々でありますように。

 

感謝を込めて・・・。

 

さいたま市緑区 浦和区・静かに音に向かい弾き深めていける教室。

 

まえだやえこ

0 コメント

日常がうれしくなるピアノ

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

 

今日は

最初に演奏をお届けさせてくださいね♪

田中カレンさん作曲。

「光のこども」です。

 

生徒さんに愛されている曲のひとつです。

教室では、

7月8日に高校生以上の生徒さんのコンサートを計画しています。

 

ピアノを全く初めてでいらっしゃった

習われて3ヶ月の生徒さんも参加してくださいます。

成人されたお子様のおられるお母様です。

 

初回でお話しくださった夢は

「フォーレやシベリウスなど、

北欧の作曲家の曲を弾くこと」。

 

抒情豊かな曲を演奏なさりたいと思われていることを受け取りました。

始められて3か月が経ち

今では、すっかりピアノと和みあわれています。

日常のお忙しさの中で静まるよい時間となっていらっしゃるそうです。

 

この「ひかりのこども」はレパートリーのひとつになられました。

音の響きを聴き、美しい音色を求めながら楽しまれています。

レッスンでは質問もしてくださり、いきいきされていて、私も嬉しいです。

そして何より嬉しいのは、北欧の作曲家の曲を弾く夢が叶うのが

目前になっておられること。すごい!

 

皆様、それぞれの立ち位置がおありです。

その日々のなかでピアノが楽しみになり、豊かな演奏へ育まれていきますように丁寧にご指導していきたいと思っております。

 

レッスン毎に、楽しむ力・表現する力が

ご成長されることを願いながら(^-^)

 

お読みくださりありがとうございました。

 

どうぞお元気でお過ごしください。

 

さいたま市緑区・浦和区 美しい音色を奏でる喜びを!

まえだやえこピアノ教室

 

 

 

この夏、ピアノをはじめてみませんか

 

新規生徒さんを数名募集中です。

 

お問い合わせは下のフォームでどうぞ♪

またはお電話で!

講師直通 090-7227-9900

教室  048-884-7022

レッスン中は留守番電話に代わります。

お名前とお電話番号をお残しくださいましたら

折り返しご連絡させていただきます♪

メモ: * は入力必須項目です

0 コメント

本当に弾きたいピアノへ・・!

皆さま、いかがお過ごしですか。

お風邪などひいておられませんか。

 

 

 

教室には新しい生徒さんも加わりました。

出会いが本当に嬉しいです。

セカンドオピニオンコースで訪れるかたも・・。

ピアノの先生や本格的に学ばれている方々

 

いつもの学びを大切にしながら、

ふと、力を抜いて音に向き合う時間を

過ごしていだけるコースです。

 

日常を離れて避暑地で過ごすような

そんな時間にして頂けたらいいな。

おチビ組こちらはこちらで楽しいみたい

です!!

音楽(ピアノ)が日常の中に・・。

歯を磨くような自然さです。

 

←音符の読むトレーニングも

ゆで卵で(笑)。5線はパスタ(*'▽')

パスタはお母様のアイデア!!

ゆで卵が大きすぎる上、転がってしまいます。

そこで作成中のポプリに変えてみました🌹。

しかし・・なんと一つの薔薇から

ウニョウニョ虫さんが登場!!

みんなでひっくり返って(笑)

そのポプリさん方皆様はサヨナラしました。😢

翌週は緑地公園の松ぼっくりを

熱湯に5分浸してよく乾かしてから音符にしました。

5線はパスタがいいです。

これが楽しくって

よく頭に入っていくみたいです。

話題をちょっと変えさせてくださいね!

皆さまに素敵なお店をご紹介します(*'▽')

北浦和東口のフレンチレストラン

「ブレーリュミエール」

☎048-884-5021

です。

数年前までカウンセリングを学んでいるときに、ウイーンで高校からヴァイオリンを学ばれた素晴らしいヴァイオリニストの先輩がおられました。

その先輩とよく行ったお店です。

 

このお店での時間は

私の懐かしい思い出です。

 

上はたくさんの種類が入ったサラダ。

真ん中は黒豆のポタージュスープ。

下は、ひじき・インゲン・ブロッコリー・

しめじ・貝柱・カニ等驚くほどたっぷりの具材のパスタ。

食する方が身体の内面から美しくなるよう

願って調理される一品一品に

3年ぶりに訪れ、シェフの思いに

改めて感動しました。

 

その頃、

先輩がコンサートに来てくださり、

私の演奏をほめてくださいました。

私は頑張る力が湧いてこない時でした。

 

その時に先輩が仰った言葉が

今も心に残っています。

 

「頑張らなくていい。やえちゃんの演奏は存在からでるものだから。」 

 

あれからもう何年も経ちました。

ピアノが頑張る以前に

心の深みから湧いてくる喜びであってほしい。

 

セカンドコースを設けた理由もここにあります。

純粋な感動に戻るしずかな時間。

 

かつての私のほしかったコースかもしれません。

 

お読みくださりありがとうございました。

どうぞ新しい週もお元気でお過ごしくださいね。

♪今日は即興をお届けします。

さいたま市浦和区・緑区 本当に弾きたいピアノへ育っていく教室

                           まえだやえこピアノ教室

 

                   

2 コメント

お客様の笑顔に幸せ頂きました!佳子先生のサロンにて

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

 

私は28日日曜日に

戸塚でピアノ教室を主宰されている

「梶谷佳子先生」のサロンで

演奏させて頂いてきました。

 

お客様の中のには佳子先生の生徒さん達も。

 

私の真横にちょこんと座っていて、

あまりに可愛かったので思わず声をかけました。

「ねえ、ピアノの中にもぐって聴いてごらん!!」。

 

ピアノの中で聴くと、そこはまるで

おなかの中にいるみたいに身体中に音の振動が伝わってきます。

 

 

「みんなも、ちゃんと、こんなに豊かに響いて弾いているんだよ!!。」

佳子先生先生のサロンは鉄骨造り。

驚くほど響きが良く、

 

まるでコンサートホールのようでした。

 

 ホールでは味わえない

ピアニストとお客様が一体感を味わえる近さ。

 

 

演奏するわたしも、お客様も

 

ともに音楽を生み出している感覚。

皆さん、静かに聴きいってくださり、

音の世界の深みを御一緒に味わえました♪

右が主催者の佳子先生です。

おもてなしの達人で、

生徒さんはじめ、多くの方に

音楽の素晴らしさ・美しさを届けたい、という思いでこのサロンを作られました。

夢を現実にする豊かな力の持ち主です。

 

左は裕子先生。たくさんの生徒さんを教えておられるベテラン先生。とても心優しく、配慮や言葉にいつも感動しちゃいます。

本当に学ぶところ一杯のお仲間です。

そしてそして、この方は、

学研コラムでおなじみの

「勇気づけの音楽家」松井美香先生。

私のアドヴァイザーであり、

勇気づけてくださった応援団長!!

今では「やえちゃん」「美香姉ちゃん」

と呼び合う姉妹のような関係😊

ぎっしり入っておられた予定が急に時間変更になり少し時間が出来た\(^o^)/と飛び込んでくださった。

                                           嬉しくて泣いちゃいました。

 

そして、そして、

お客様です!

皆さん、素敵でしょう!

本当にあたたかい雰囲気で、

聴きいってくださっている

皆さまの心が嬉しかったです。

 

ひとりひとりとお話も出来ました!

 

 

 

コンサートの後は、

ティータイムです!

 

やさしい光が皆さまを招いていました!

 

佳子先生の手作りの杏仁豆腐や

スコーン、クッキー、

様々お飲み物。

 

皆さま、お嬉しそうに思い思いに選んで

おられました。

最後にはみんな、大きな輪になって

楽しいおしゃべり!

笑って笑いました\(^o^)/

佳子先生のお友達の音楽家の皆さまも。

 

情報交換の嬉しいひととき★

そして、そして、

このコンサートを土台で支えてくださっていたのは、

佳子先生のご主人と、ふたりの息子さん!

 

会場づくり、プログラム作り、

お客様の送迎や写真撮影等々、

笑顔であたたかいお働きをされておられ、

感動でした。

終了後に打ち上げで美味しいおもてなしまで頂き、またまた感動(T-T)

胸が一杯になりました。

ご主人様、息子さん・・本当にありがとうございました。

 

佳子先生、素晴らしい体験をくださり

心から感謝しています!

 

頂いた素敵なお花をしみじみ見ながら、

ありがたいなあ・・・と感謝で満たされながら、

この喜びを、生徒さん達に・

演奏を聴いてくださる方々に必ずおわけしていこう\(^-^)/と、

心は定まりました!

期待してくださいね!

 

♪今日はふるさとをお届けします。

 

皆さま、今週もお元気でお過ごしください!

 

さいたま市  『あなたも素晴らしい演奏者になれる!夢を描いて

毎日コツコツ弾いていきましょう!』

                                                        まえだやえこピアノ教室

 

0 コメント

毎回、一期一会のレッスンを!

皆さま、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。

日曜日のさいたま市は夏のように暑かったです。

庭の薔薇が咲き、いい香りを放っています。これから咲く種類もあり、素晴らしいいのち溢れる季節です。

 

今日は、大人の生徒さんのお話しをさせてくださいね。

 

大人の生徒さんは皆さま素敵な方ばかり。

その中のおひとり。

わたしは、ご結婚されたお孫さん達の先生でした。そのご家族の勧めで今は月に1度、電車とバスを乗り継いで遠方から来ら

れているIさん。

70歳を過ぎておられますが、

美容室を現役で経営されています。

カットの講習に遠くまで通われ、

またよい先生をサロンに招き、

長い年月、学び続けられる探求心に満ちた方。

私はIさんにカットをして頂いてから、Iさん程気に入ったカットをなさる方に出逢えません。

でも遠いので、レッスンの都合でなかなか出掛けられませんでした。

 

この度、IさんのレッスンをIさんのご自宅で・・・私のパーマやカラーリングのねかせ時間に数回に分けてちょこちょこレッスンをさせて頂くという形で、ずっと願っていたカットが実現しました。

Iさんの動き方を見てすぐにわかりました。

お客様が帰られたほんの少しの時間や、家事の合間に何回もピアノの前に座る日常が。

その集中力はすごい!

 

美味しい心尽くしのお昼を頂きながら、Iさんの日常に心惹かれながら

お話に耳を傾けました。

すると、何度も仰ることば。

「先生、わたしピアノがあって嬉しいの。 

 幸せなの。」

 

60過ぎて夢だったピアノを始められた

Iさん。

なににも増してピアノが嬉しいと言われます。

レッスンに来られる毎に

 

「ああ、来てよかった!今度までにやってきますね。先生。本当にありがとう!!。」

と仰られるのです。

こちらが感謝でいっぱいになります。

わたしはレッスンは一期一会だと意識しています。

今日でレッスンがたとえ終わりになっても、今日の時間はよろこびであった、

と感じて頂くレッスンをしたい。

Iさんを通して益々思うのです。

 

この教室にいらっしゃるすべての生徒さんが、また、この教室を知るすべての方々が、音を通して、よろこびを感じる日々でありますように。

 

今週末、わたしは戸塚の素敵なサロンで演奏をさせて頂いてきます。

いらっしゃるお客様に、また、わたしを知ってくださるすべての方に

響きが流れ、響きあえることを願い演奏して参ります。

 

皆様、今週もお元気でおすごしくださいね!

今日は、皆様ご存じの曲をお届けいたします。

♪幻想即興曲です。

 

さいたま市  あなたの素晴らしさは音を通して気づくことができる                                                  まえだやえこピアノ教室

  *最後の写真はインターネットより頂きました。

0 コメント

夢を叶える力はあなたのなかにある

皆さま、いかがお過ごしでいらっしゃいますか?

ご覧くださり有り難うございます。

 

日曜日は母の日でしたね!

見てくださる女性のすべての方に、

フレンチトーストをご馳走したいな!

 

 

 

女性のお仕事はおやすみがありませんもの。

本当にご苦労様です!わたしも女性でした(笑)

わたしはゴールデンウィークに母の日と兼ねて、母の家に遊びに行きました。

 

FBで知り合った料理プロの方のお薦め

大宮そごうの中にある「わらびの里」で

選んだお弁当。

そして、たっぷりイチゴのナポレオンパイなど美味しいものをたっぷり詰めてワクワク出掛けました。

 

 

こっそりと、プレゼントを買ってね(^^)/とプレゼントの分のお金を渡しました。

いらないよお、といいながら、

嬉しそうな母。

母は、心から大切にしたい好きな物を

ずっと磨いて愛用します。

だから、わたしも妹も、母が欲しいものを

母自身で買ってもらったほうが嬉しいのです。

 

すると、母は、「これは  まきことやえこに買ってもらった!」

少女のように嬉しそうにいつも言ってくれます(*^^*)

 

母は父が天に召されてから、自宅を手放し、コンパクトな住まいに移りました。

 

美しく住まうことを喜びとし、作り出してきた母の、いきついた1番大好きな場所。

お部屋の中に窓を作った母。(2枚目)

設計図をひきひき生み出された空間で、

日々、刺繍をさし、

ベランダガーデニングを楽しみ、

ときに音楽や、舞台を楽しみに

いろんな場所へ出掛けています。

 

夢を描き、静かに叶えてきた母。

 

いまのわたしにとって母は

ほっとする拠り所。

 

美しいものを生み出す為の手間暇を惜しまず、いつも明るくやさしく励まし、

ユーモアもって、新しい見方を教えてくれる。

本当に感謝しています。

少女の頃から、世界文学を読み込んできた母は、ものの見方が ひろやかです。

 

わたしがピアノを今でも弾き続けたいのは、美しいものを見続け描き続け叶える母の影響が大きいかもしれません。

響きあう豊かな音の世界を見続け紡ぎ出していくプロセスは、たくさんの時間を要しますが本当に喜びなのです。

 

もうひとつのおみやげは、

わたしの焼いたパンでした。

 

いつものクルミレーズンカンパーニュですが、わたしは母に会う毎に焼きます。

 

母はスライスして冷凍し、食べたいときに味わってくれていて、うれしいです。

いつまでも、

母との交わりを喜び過ごしたいなあと思います。

 

皆さまのお母様も、皆さまも

お幸せでありますように。

 

たとえお母様が天に召されておられても、天と地とで幸せ響きあわれますように。

 

ピアノが生徒さんだけではなく、お母様と幸せをわかちあっていただけたらうれしいです。

習う生徒さんだけではなく、ご家族も音楽の響きに満たされ、

幸せを味わっていかれるように願い、レッスンを続けてまいります。

 

今日お届けする曲は、

♪メンデルスゾーン作曲  甘い思い出 です。

少しお疲れがでてくる この季節、ゆっくりくつろいでくださいね!

 

今週もお元気でいてくださいね!

 

さいたま市  どの子も育つ!もともと素晴らしいから!

                             この恵みに気づけるピアノ教室

                                                  まえだやえこピアノ教室

 

0 コメント

あるがままに寄り添うピアノ

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

新緑が目に優しい季節ですね。

 

GWも残り数日。

リフレッシュなさいましたか?

 

私はたくさんの映画を観、また母の家に

寛ぎに行き、美味しいものをたくさん頂き、

 

家族とたっぷりおうち時間を楽しみ、

またお友達と会いました。

 

幸せな時間を過ごせました。

 

5月28日に、『音楽の喜びを皆さまにお伝えしたい!』と、素敵な夢をどんどん叶えておられるピアノ教室主催の梶谷佳子先生のサロンで演奏させていただきます。

 

当日はきっと喜び溢れる幸せな時間でしょう。

本当に感謝です!

 

わくわく思い巡らしています。

 

演奏を聴いてくださるお客様と響きあうために、まず自分が音楽の前に静まり座り、音一つ一つと響きあい、準備していきます。

梶谷佳子先生の夢を御一緒させていただけるって、なんて幸せでしょう!

 

 

教室の玄関は今花盛りです。

 

皆様はお花、お好きですか?

 

どの植物も自ら与えられた可愛らしさを

もって、生命輝いています。

この方も生命力の塊です!!

 

毎日お散歩でいろんな景色を見、

いろんな方や犬とお話しをするのが彼の喜びです。

「御意、御意!ワン!」(笑)

 

生徒さんお一人お一人にもその方にしかない輝きがあります。

 

この写真の男の子は野球チームに所属し、土日は一日中ボールを追いかけています。

ものすごい集中力があり、そして率直です。

心に響くと黙って弾き始めます。

私は口を挿みません。

音の世界に入っている時には音だけと対話してほしいから。

 

 

 

「あの曲は今日はやりたくないなあ。あれは気持ちが乗った時じゃないと出来ないんだよ。」

『なるほど。乗るときにやりたい曲なのね!』

 

こんな会話もしばしば。それを私は楽しんでいます。

 

私も歳をとっているだけで同じ人間。嫌だという感情だってあります。

その感情を認めて分かち合う時に、その生徒さんが大切にしたいことがわかってくる。

この生徒さんは好きな曲にはのめりこむ。

であれば曲を好きになる工夫をするのです。

 

この男の子が弾いている曲。

生涯のレパートリーにしてほしいと思ってあげたのでレベルは高い。

当初、譜読みにたっぷりの時間がかかってもいいな、と思っていました。

 

しかし、なんとあっという間に読みあげ弾きあげてしまったのです。

 

好きこそものの上手なれ・・。

 

本当に好きという思いに勝るものはありません。

 

そのために先生である私は常に生徒さんのあるがままを受け入れ、

生徒さんが喜びであるピアノになることだけに常に意識したいです。

 

中1の女の子。

部活も始まり、毎日6時過ぎに帰宅し、

忙しいです。

 

しかし練習ノートをみると、結構弾いていることが伺えます。

 

おうちでの練習は音と自分との対話であって欲しいので、これを何回とかあまり言いません。

この生徒さんはピアノを通して、音に宿る美しさと響きあい表現したいと願っていることが

ノートから伺えます。

 

私たちはいつも移ろい動いていくもの。

子供時代・青年時代・・・そして円熟期。そして天に召される時が来ます。

 

変わるどんな時代環境であっても、

自分の内面の中に変わらない静けさにみちた美しい世界を持てるならば

どんなに幸せでしょう。

 

音楽は森の中で突如として出会う静かな湖のようなもの。

 

命の輝き。きらめき。癒し。変わらない愛です。

 

皆さまにも音はいつも寄り添っています。

森の中の湖のように・・・。

 

♪今日は美女と野獣お届けします。

実写版の映画を観てきました。

素晴らしかった!思い出すだけで喜びと感動がよみがえります。

 

皆さま、今週もお元気でいてくださいね!

 

 

4 コメント

ねばならないピアノのからの解放

皆さま、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。

GWに入りましたね。

 

ほっとなさっておられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

中学生は部活も始まり、

学校によっては小学生は運動会の準備も始まるところもありますね。

 

みんなみんな精一杯頑張っています!!

 

写真は教室の玄関の看板です。

 

ほっとしてくださると嬉しいな!!

 

女の子は手に何も持たず、鍵盤の上に裸足で立ち空を仰いでいますでしょう。

 

 

力を抜きましょう!!

実はすでにどの生徒さんもそのままで素晴らしく、

そして素敵を持っているのですよ!

 

心の中に、素晴らしいを感じる感性が!

 

レッスンで静まり音に向き合い、美しさを表現できることに気付くとき、「ねばならないピアノ」から解放されます。

 

写真の生徒さんは静かに集中して弾いているでしょう!!

このとき弾いているのはハノンというテクニック養成のための教材なのです。

 

このハノンの単純なメソットも、心が豊かに動き、わくわくするものです。

どんな小さなことも嬉しいな、と気付く時、

やらねばならないピアノではなく、

弾きたいピアノになるのです。

人は喜びや愛に満たされるとき、自然に豊かに成長するのです。

さて、お話はかわりますが、

皆さまはお料理はお好きですか?

 

食べるほうが好き!!

そんな声が今届きましたね☺

 

私の日常はピアノの前に過ごす時間がほとんどです。

 その中でお料理は気分転換!

ひとりでのお昼も丁寧に作ります。

 

すると、気持ちがリフレッシュして、

ピアノへの思いが新しくされるのです。

大きな生徒さんやかつての生徒さん

またお友達が食事にいらっしゃることも度々です。

 

私にとってピアノも食事も自分と響き、

人と響きあう同じ命の糧。

楽しむ少しのエネルギーは必要ですが、喜びはとっても豊かです。

 

同じように生徒さんのピアノが少しのエネルギーを使っても

あまりある日々を支えるものでありますように!!

生きる希望であり癒しであり、力であることを

レッスンで、またおうちの練習で味わっていけますように。

 

♪今日お届けする曲は ショパンの子守歌です。

 

左手の伴奏は波のように静かに紡ぎ続けます。

右手はまるで風のように波と呼応します。

美しい優しい曲。

何も持たずに弾くとき、音は空の私を満たしてくれます。

 

皆さま、ゆっくり休み、素晴らしい日々でありますように。

お元気で!

 

さいたま市  あなたの素晴らしさは、もうすでにあると気づける教室

                                              まえだやえこピアノ教室

2 コメント

来年の4月1日・プラザーイーストに喜び響きます☆

皆様、いかがお過ごしですか。

 

今日は発表会のお話しをさせてくださいね!!

 

皆様は発表会の思い出はおありですか。

また、どんなイメージをお持ちでしょうか。

 

私の教室の発表会は2年に1回です。

                                

 

生徒さんもご家族も、そして私も発表会が待ち遠しい!!

 

教室の発表会はあたたかい雰囲気と

ひとりひとりの生徒さんの

音を愛する姿と演奏で会場が喜びに

満ちています。

おひとりおひとりの演奏の前に

その生徒さんのエピソードを

マイクで私がご紹介します。

 

おひとりおひとりの背景があり、

その方ならではの持ち味があります。

 

演奏が始まると、

その方の音色はその尊さから現れ流れ出し

本当に美しいなと感じます。

 

生徒さんにも、ご家族にも、

そしていらしてくださる方々にも

音の響きの喜びを味わい

寛いで頂きたい。

 

そして生徒さんには、

演奏曲を奏でるまでの日々を

価値ある時間としてほしいな。

 

また、この日から先に、

 

演奏した曲が生徒さんご自身を励まし、

心の糧としていつも響き続けてほしい。

 

来年は桜の咲き始める頃、

さいたま市東浦和の

プラザ―イーストの大きなホールが

私達の喜びの日となりますように。

 

どんな素敵があるのでしょう!

小さな教室の

ひとりひとりの生徒さんが主役の

こころあたたまる発表会です。

ゆったりと優しく進行されていきます。

ソロ演奏だけでなく、

連弾も素敵に響きますように。

 

昨年は親しく敬愛するゴスペルディレクターとそのパートナーの演奏、

RayⅮ&keikoの心あたたまるステージも

                                           皆様とても楽しまれていました。

                                      今回も素晴らしいコンサートになりますように!

今回は大きなホールでの開催が決まりました。

 

客席はゆったりし、

そしてとても響きが美しいです。

 

 

世界3最高峰ピアノのスタインウエイ・ベヒシュタイン・ベーゼンドルファーのうちの

ひとつ、ベーゼンドルファ―フルコンサートピアノでの演奏は、

聴く側も、弾く側もわくわくします。

今回もまえだやえこのソロ演奏もたっぷりお届けいたします。 (16時前後で20分位を予定しています♪)

 来年、よろしかったらホールにいらっしゃいませんか。

 皆さんで音楽の喜びを・・希望に満ちた春を味わえたら嬉しいな。

 

ふらりと、黙っていらして、ホールに寛ぎ、そして黙ってお帰りになっても大丈夫です。 

入場は無料です。

お帰りには、よかった!と幸せをお持ち帰りくださいますように。

音楽の願いなりますように。

 

 

今日お届けする曲は、

♪「ベトサタの水に浸かるとき」。

私の即興です。

 

ベトサダとは、旧約聖書時代に、その池の水が動くときに浸かると癒される、

と言われていた奇跡の池です。

 

 皆さま、今週もお疲れさまでした。

心地のよい週末をお過ごしくださいね。

 

 

さいたま市 「ピアノのある生活は幸せ!」まえだやえこピアノ教室

                                                            まえだやえこ

       

2 コメント

ハッピーイースター!!

皆さま、いかがお過ごしですか?

さいたまは葉桜になり、木々の芽吹きに心躍るときになりました。

 

昨日はイースターでした。

 

あまり日本では馴染みがありませんが、

世界ではクリスマスよりも大きなイベントともいわれています。

 

イエスキリストが私たちの悲しみや痛みや矛盾などを全部吸い込み、十字架で死に、

そしてよみに下り、3日目に復活された・・という歴史的事実。

 

命がけで愛してくださった方のよみがえりを みんなでお祝いする日がイースター。

 

なんだかすごいこと。

 

我が家ではイースターエッグにちなんで、

ほうれん草とベーコンのキッシュ風を焼きました。

皆様はこの季節にはどんなものを召し上がりたくなりますか?

 

たけのこご飯。菜の花のおひたし。

私の出身の富山の地元お料理では

ホタルイカのぬた。

湯がいたホタルイカと

湯がいた葱を辛子酢味噌でいただきます。

 

とっても美味しいです!!。

そしてこの季節に必ず弾きたくなる曲は「愛の夢(リスト)」です。

 

この曲はもともと歌の曲です。

歌詞はこういうのです。

「愛しなさい・・愛しなさい・・」

「そうしなければ、あなたは彼の墓の前で嘆き悲しむ時がくる」

「だから愛しなさい。愛しなさい。」

 

この季節にこの曲がなぜ弾きたくなるのか分かりませんが、

心にしっくりくるのです。

 

新しい生徒さんとの出会いも与えられ、

生徒さん方の素敵にワクワクする日々です。

 

すべての生徒さんのそれぞれに、その方にしかない美しさがあります。

そして、おひとりおひとりの中に

音楽はいつも湧き続けています。

学年が上がったり、入学、就職・・新しい生活が始まった生徒さんたちにとって

教室の空間が・・レッスンが・・ピアノが・・

いつもあたたかい拠り所となり、

ご自分ならではの日々を送られますように・・!!

 

♪リスト作曲 愛の夢をお届けします。

 

皆さま、お風邪などひかれませんように、お身体を大切にお過ごしくださいね。

 

・・・私は週末久々に体調を崩していました(._.)

   ベッド生活もゆっくりできて恵みでしたが

   レッスンとピアノを弾くことが出来ないのは寂しいでした。

 

   私はレッスンがいちばん好き💛

 

   お優しい心で心配下さり、

  「先生のお身体のほうが大切です。

   代講は気にしなしで今はお休みしてください・・」

   と言ってくださった生徒さんのお母様に心慰められました。

   そのお母様のようにあたたかな心になりたいなあ・・、

   そう思い眠りました。

 

お陰様でほぼ回復しました・・!!

今週も皆様にとってお幸せな日々でありますように・・・。

 

さいたま市 「ピアノのある生活って幸せ!!」が満ちている空間

                         まえだやえこピアノ教室

 

 

0 コメント

新しい生活のよりどころ

さいたまは桜が満開です。皆様、いかがお過ごしでいらっしゃいますか。

 

小さな庭の地面からは、冬の間栄養を蓄えた宿根草の根から芽生え、ふと気付くと今年も咲き始めています。

 

新しい生徒さんもお迎えし、新しい季節が始まりました。

このお教室が お一人お一人にとって

ほっと寛げ、音の中でうんと憩ってほしい。そして、その喜びを音を通して表現して頂きたい。

 

その願いから、レッスン時間をたっぷりお取りしています。

それで、お母さまも安心してお話しできる雰囲気があるようです。みなさんゆったりとお話しくださいます。

 

そして、お話を聴きしながら、お母さま(大人の生徒さんはご本人)

は本当にお子様のために日々心も体もフル回転でよくなさっているなあ・・、と思うのです。

 

こころから、

「毎日毎日、ありがとうございます。

おかげでお子様は安心して健やかに成長し、ピアノも弾けるのですね。」

そうお伝えします。

 

そして生徒さんのピアノを通してご家族にも喜びがひろがってほしいなあ、と願っています。

 

「ママが むかえにきたら きかせてあげるんだ😊」

 

迎えにいらしたお母さんは45分で変化したお子様の演奏にじっと聴く。

弾き終わるやいなや満足げにママに飛びついていく幼い子。

その姿はご家族の喜びであり

安らぎになっておられるようで私まで幸せを頂いています。

 

つっかえずに自由に弾けるようになるためには諦めず何度も弾く必要があります。

その大切さを体得するには、皆様、どんな工夫ができるでしょう。

 

レッスンでも粘り強く何度も弾いてもらいます。

 

 

そこで私はゲーム感覚にしちゃいます。

 

弾き始め、つっかえつっかえでも100点をあげちゃいます。

 

「今の一回は100点!すごい!。次の一回はまた100点あげよう!

その100点を誰かにあげてもいいよ!」

「うん!じゃあ、おばあちゃん!。」

「次は おとうさん!。」

「次は あったことないけど 死んだおじいちゃん!。」・・・。

気づくと500点以上になり、すっかりアンプで自由に弾いているのです。

 

こんなエピソードをお母様にお伝えすると、目を細め、優しい笑顔でおっしゃいました。

 

「レッスンに通うようになって娘の新しい表情に気付けて、嬉しいです。」。

 

 

最後のエピソードをお話させてくださいね。

 

3枚目の写真は中学生になる生徒さんにプレゼントしたハードカバーのノート。

もう数枚ぎっしり丁寧な文字で何かが書き綴られていました。

レッスンの時にその子が言いました。

「今日のポイントとか、心に留めたらよい秘訣をこのノートに書いてください。」

 

子供には(大人も)本来美しいものに憧れ、一致していきたい願いがあるのです。

それを安心と信頼されている眼差しと関わりの中にいる時、

自然に豊かさから豊かさへ、どこまでも伸びていくように感じませんか?

 

今週もお元気でお過ごしくださいね。

 

♪今日は、古典的な曲をお届けいたします。

バッハのオルガンカンタータ639番をピアノに編曲された曲です。

 

 さいたま市 ピアノの響きに満たされた空間 まえだやえこピアノ教室

 

2 コメント

職人に支えられて奏でる日々に感謝!

皆様、いかがおすごしでいらっしゃいますか。

 

さいたまは冬のような寒さ。

 

桜は一部咲き。

寒いよと震えているかしら。

 

今日は私が信頼している

YKピアノファクトリー主催

ピアノ調律師  小林さんが来てくださいました。

昨年の秋までドイツに過ごしていたベヒシュタインは、

 

日本の風土に慣れるまで、1年ほど色んな反応がでて自然だそうです。

 

音が延びてしまう鍵盤もあり、

小林さんにお話をしましたら

直ぐに調整しにきてくださいました。

そのお仕事ぶりは 手際よく、そして丁寧で愛がこもっています。

小林さんは、ピアノの潜在的な可能性を豊かに引き出される力がある方。

調律と共に、

古き良き時代の痛んだピアノを見つけては

工房に迎え入れ、

丁寧に細部まで手塩にかけ、

まるで魔法がかかったような

美しい音の新しい箱へと甦らせられる

マイスターでもあります。

 

私の生徒さんもそんなピアノに出逢えて、

喜びの時を重ね続けています。

 

私達の日々は忙しく、

情報に溢れ、

そして結果主義の世に生きています。

心が騒がしく疲れてしまうこと、ありませんか?

 

 

だからこそ、音を通して静まり、

五感をたっぷりと動かし、

粒音が曲へと豊かに変化していく全ての過程を味わい

 

自分自身の内面に向き合えるピアノは

自立した自分ならではの生き方へ誘ってくれると私は信じています。

 

その傍らに信頼する音造りの職人がいてくださる。

心強いです。

午後からは、母の家で寛ぎました。

 

マンションの13階に住む母のベランダは

空中庭園。

 

季節のお花が

まるで歌い響きあっているみたいです。

 

 

夢を描き、アイディアが与えられ、

わくわく少女のようにホームセンターに出掛け

椅子や鉢を買い、イメージの色にさっと塗り替える。

 

また、母の家には刺繍の作品の数々が

家のぬくもりを豊かに演出しています。

 

ピアノ(楽器)も、刺繍も、庭園も、演奏も

一長一短には産み出せません。

 

しかし、夢を描き続け、

産み出していくプロセスは

美しく喜びの時間。

 

生徒さんの大切な生涯に

豊かな響きが伴いますように。

 

そして産み出していくプロセスを

喜びの忍耐を持って楽しめますように!

私がいつもそのプロセスを応援し、お支えします。

 

♪今日は 朧月夜をお届けします。

皆様、お身体を大切にお過ごしくださいね。

0 コメント

あなたならではの響きを生み出す練習時間

皆さま、いかがお過ごしですか?

 

いよいよ春休みですね!

 

春休みに何をしたいですか?

 

何を叶えたいですか?

 

学校があるときには出来ないことも

 

出来たらいいですね\(^-^)\(^-^)/

 

さて、皆さんは(お子様は)ピアノの練習を存分に楽しんでいますか?

ピアノを弾くって、とても素敵なことですが

どう弾いたらもっと楽しめるのでしょう。

 

どう弾いたら自分だけの響きに出会う事が出来るのでしょう。

 

お知りになりたいですか?!(^^)!

 

ではご紹介いたします!

参考にしてくださいね!

 

 

 

 

★3年生、ハノンの弾き込み。

 

私はこんな質問をしました。

 

『このハノンを弾きながらどこに行きたい?』

「うん。飛行機に乗って  いとこのアメリカに行きたいなあ!」

『いとこのいるアメリカ・・にね。よし!行ってみようか?!』

「はあい!」・・・。

 

『指を綺麗にたてて、響きを味わいながら、思い巡らしながら弾いてみよう!』

 

 弾く。

 

『うわあ、綺麗だったねえ。どう?アメリカに着いた?』

 

「はい、着きました。ごみごみたくさん並ぶお店があります。

 その中のひとつお店の前で外国の人達がペチャクチャおしゃべりしています(笑)」

 

『へえ、お店があって、そのお店では外国の方達がおしゃべりをしているの(^-^)

  何を話しているのかな?』

 

「英語だからわからないです。 ははは!」

 

『もう一度弾いてみようか。飛行機に乗って いとこのいるアメリカに行こうか!』

 

このように、イメージを描きながら弾いたら

このハノンが大好きになると感じませんか?

 

楽しみながら、何度も弾きたくなる気がしませんか?

 

練習は回数を重ねることですが、

この回数が喜びであるならば、どんなにいきいきと輝いた響きになるでしょうか。

 

 

★高校から習い始め今は幼稚園の先生。

 リストのコンソレーションを弾いています。

 

『この曲を今弾いてみて、何か感じることはあった?』

 

「はい。新しい春の感覚です。」

 

『へえ!(*'▽')どういうことかな?』

 

「はい。私にとって、春は色んな事が新しくなり、いつも忙しく感じるんです。

  でも、今この曲を弾いていたら

 その慌ただしい一連の事も含めて

 乗り越えて楽しんでいる自分を感じました。」

 

『そっか。新しいクラス。

  新しく覚えるべき事、やるべき事などあるものね。

 その忙しさを感じながらも、それを楽しんでいる自分が感じられたのね!

  そういう自分はどう見える?素敵?』

 

「はい!とても素敵です😊!」

 

『嬉しいね!!

 それではもう1度弾いてみましょう!。新しい感覚をくれる春の響きで!』

 

「はい!」

 

 再び奏で始めるコンソレーションは、

 優しく1音1音に命の輝きが宿っていました。

 

 

 

すべての方に祝福を告げる桜の開花が始まりました。

 

皆さまの・・皆さまのお子様のピアノの時間が

その時々の喜びが宿る時間でありますように。

あなたならでは・・お子様ならでは・・の響きを奏でられますように・・・。

 

♪コンソレーションをお届けします。

 

 音だけに向き合い、幸せいっぱいもらっちゃいましょう!! 

                    さいたま市 まえだやえこピアノ教室

   

2 コメント

みんな違っていい!それぞれが幸せになってね!

皆様、いかがお過ごしですか。

 

教室のお庭のクリスマスローズが咲きました。

 

この方々は、周りにある薔薇さんの恩恵を受けております。

 

真冬に土起こしをし、腐葉土と肥料をすきこみ、ふかふかになりました。

今年も春がきましたね!

 

左は今年小学校を卒業する生徒さんの

レッスンノートです。

 

学校の巣立ちの会で伴奏もさせて頂き、

沢山愛する曲に満たされています。

 

しかしまだ習いはじめて2年です。

今では、乙女の祈りや、

エリーゼのために、ショパンワルツ、バッハインベンション等を

弾き深めて、今はシューベルトの即興曲作品90ー4を始めています。

 

ピアノは自分に向き合う  心地よい集中した癒しの時間のようです。

 

みんな違っていい!

 

教室のレッスンノートの中身も

レッスンスタイルもひとりひとり違います。

 

生徒さんが音楽に心を開き、

ひとりひとりが自分だけのピアノとの関係を深めていく

オリジナルのノートであり時間。きっかけであるだけでよい。

 

時には、音に浸りに来るだけでもいいのです。

 

人は休むことも、

何もしないなかで静まることも必要だから。

 

その自然体のあるがままに染み込む音の世界が

ガンバリズムを越えた  音への親しみや憧れへ

導かれることもあるのです。

 

 

 

この教室は、ピアノを通して自分がどれ程美しく幸せかを

知り、味わい、深めていけるきっかけであり、オアシスです。

 

そして豊かな演奏へも必ず導かれます。

なぜなら、私が演奏の喜びの日々潤され生かさていますし、

生徒さんの演奏に対しても

その生徒さんの中にすでに豊かさがあると信じ、

それが引き出されることをいつも願い関わり続けているからです。

 

先生、生徒の枠を超えて、共に響きあい、幸せを分かちあい、

今ここの瞬間を大切にし、

過程も実りも楽しんでいきましょう!

 

 

今日お届けする曲は

大学時代からのお友達の作品です。

優しくてあったかくて、私の大好きな曲。

 

みなさまに紹介したいなと伝えたら、

 

「うん、やえこ、ありがとう!

  自分で作ったわけじゃあないよ。

  どっかにあったのを一瞬にキャッチしただけだよ。

  もう15年も経ったけど、曲に命を与えてくれてありがとう!」

   

  と、まゆこちゃん。

  詩的な答え。

  かわらない美しさ、素敵だなあ!

 

 

 

♪田村真夕子さん作曲

『春をはこぶひと』。

 

皆様 おひとりおひとりが 春をはこぶひと♪

 

今週もお幸せでいてくださいね。

 

さいたま市緑区  静けさのなかで音に向き合い、たくさん幸せもらっちゃいましょう!

                                                         まえだやえこピアノ教室

0 コメント

音は悲しみ痛みと共に~東日本大地震6年目に③

皆さま、いかがお過ごしですか。

 

東日本大地震から6年目。

起きてほしくない出来事。

もう、2度とおこりませんように。

そして、突然いのちを奪われた方々、

避難生活を先の見えない不安の中過ごされた方々、

放射能の影響でふるさとを離れざるを得ない方々。

放射能によるいじめを受けた子供達。

どうか、癒してください。

 

 

お話しは少し方向を変えさせてくださいね。

 

 

私の母は、フランス刺繍を私の子供の頃からずっと紡ぎ、

作品を生み出すことに心を注いできています。

上の写真は、私のお誕生日に製作してくれた椅子カバーのひとつ。

 

母は、私の生徒さん達が幸せであることを

いつも願っているようです。

音楽を心から愛し、また生活の営みを愛する母。

 

この椅子カバーには母の願い・・ストーリーがあります。

 

鳥のくちばしは金。

鳥の身体からは泉が湧いています。

くちばしは平和の葉を加えています。

 

生徒さんが、スポットライトが当たろうが当たるまいが、

いる場所で美しい音色を奏で、

自分も周りをも癒して喜び湧き出でる者になりますように。

 

 

生きる途上、喜べないことも起きます。

起きてほしくない出来事も起きます。

しかし、それゆえに乗り越える愛を知る機会となり、

自らも、愛する喜びを知っていく者になっていくのかもしれません。

 

ピアノを奏でるすべての生徒さんが、

ピアノを通して愛を受け取っていきますように。

 

そして、その愛を演奏を通して流し出す喜びを体験していきますように。

 

ひとりひとりが 泉湧く存在となりますように。

 

3回に渡り、東日本大地震に想いを寄せて綴りました。

 

お読みくださり、ありがとうございました。

 

今日の演奏は3つ、お届けします。

1つは、即興。

もう2つは、花は咲く。

 

1つはピアノソロで。

もう1つは、弾き歌いです。

御一緒に歌ってくださったら嬉しいなと思い、

高い声が出なくて苦しかった上、恥ずかしいのですが、さらけてしまいます!

苦笑い。(・・;)アハハ。(涙)。

 

 

皆さま、いつもお幸せでいてくださいね。

 

感謝を込めて。

前田弥生子

 

 

0 コメント

音は悲しみ 痛みと ともに~東日本大地震6年目を前に②

皆様、いかがお過ごしですか。

 

東日本大地震の日から今日で6年目。

 

皆様はその日、またその後、どう過ごされましたか。

 

 

今、どんなことを感じておられますか。

 

音は、どんな思いにもそのまま 共に寄り添います。

それが音楽の願いであり、本質だと私は受け取っています。

 

生徒さん おひとりおひとりにとって

ピアノが かけがえのない支えとなりますように。

弾き紡ぐ曲の音に向き合うことを通して、

自分自身の揺るぎない土台を感じとり、

響きの豊かさに覆われ、喜びに導かれ、

しなやかに  力強く、自分の人生を歩めますように。

 

今日はベートーヴェンの月光の1楽章をお届けします。

 

 

皆様、お身体を大切にお過ごしくださいね。

(冒頭の写真はインターネットから頂きました。)

0 コメント

音は 悲しみ 痛みと共に~東日本大地震6年目を前に①

皆様、いかがお過ごしですか?

 

今週土曜日は東日本大地震から

6年目ですね。

 

6年前の その日、

皆様はどのような1日を過ごされましたか。

 

 

不気味な揺れ。そのあとの妙な静けさ。

 

 

テレビに写しだされる情景に  言葉を失いました。

どうしたらよいのか・・。

 

今までの現実が一瞬にして消されていく感覚。

 

身近にも、多くの方々が召されたことを知りました。

お話を聴かせて頂ながら

寄り添いたいのに、そのお支えする力の確かさが私には ないことを思い知り

悲しくなりました。

 

力がない。弱い自分。

 

ろうそくの明かりの中で、ひとり弾き紡ぎ続けました。

 

弱い自分の心細さ

悲しみを表現出来ない痛み

共感し、寄り添いたいのに、言葉が見つからない苦しみ。

 

その  言い表すことの出来ない心の深みに

音は寄り添い、満たし、癒しを静かに流しいれてくれました。

 

音は

憎しみも  怒りも  悲しみも  苛立ちも

決して裁かず、

そのまま  受けとめ

共にいてくれました。

 

今日から3回、

東日本大地震 6年目を静かに

音を弾き紡ぎ、祈りへ代えたいと願います。

 

音と生きることを通して頂いた神秘・・

そして見えてきた希望を

皆様とわかち合い

そのわかち合える響きの喜びが祈りになると信じて過ごしたいと思います。

 

悲しみ  痛みが  優しさになり響きます。

 

ノクターン遺作を お届けします。

 

皆様、

どうか、お身体を大切にお過ごしくださいね。

 

お幸せでいてくださいね。

 

前田弥生子

 

 

0 コメント

純粋な心にずっと 寄り添います!

 

皆様、お元気でいらっしゃいますか。

 

3月に入りましたね!

春はもう、すぐそこまで来ていますね!

 

愛犬プティはお散歩で、くんくん くんくん

春の気配を嗅いで満足そうです。

 

 

今日は、ひとりの可愛い生徒さんのお話をさせてくださいね。

 

4歳になったばっかりの男の子。

レッスンに来られてすぐにお母様が

「先生見てください!\(^o^)/」と、携帯を開き、動画を見せてくださいました。

ピアノにひとりで座り、思いのままに夢中で弾く天使くん。

お母様がご用をされている間の出来事だったそうです。

 

 

自分の世界に漂うように自由にひゅらひゅら鍵盤を捉える姿。

 

美しいと思いました。

 

お母様の入会の時のご希望は

 

『何よりも感性を磨いてほしい』

 

『ピアノの音に聴き入る様に弾いて、

  きれいな音を出したいと願う心を育ててほしい』

 

  でした。

 

数ヵ月が経ち、空間とも、先生とも、音楽とも

和みあうようになりました。

 

面白くて、皆でアハハ!

たくさん笑います。

 

音楽に心を育て開きたくなる遊びを幾つも準備してワクワク待つレッスン。

 

したいことを自分で選び、心ゆくまで うんと楽しみます。

 

 

色んな長さの音符を書いたカードを見つけると、

部屋中に並べて

繋げてリズムを続けて叩いたり、

 

ぱっと鳴らした音を当てっこして大喜びしたり、

おうちから、私と一緒に読みたい絵本や

『ひらがなおぼえようゲーム』等で

一緒に遊んだり、

 

お母様が伴奏を弾いて私が歌い、

後ろのピアノでその雰囲気を自分も参加して自分も鍵盤をさわり嬉しそう。

 

私が即興で自由に気持ちよく弾く後ろで

響きあって鍵盤をさわり気持ち良さそう。

 

タオルハンカチをボールに丸めて、

3拍子・4拍子・6拍子のメトロノームに合わせて投げてみたり・・・。

 

楽しい・面白い・ワクワクする時間。

 

次第に

さまざまなメロディーを弾き、

 

名曲を自由に弾いていくでしょう。

 

いつまでも、どの瞬間も

響きを味わい、喜び満たされる歩みでありますように。

 

♪今日の演奏は

天使ちゃんのおもいのまま、と

私の即興をお届けします。

なんとなく似ています?

 

 追記・・『花は咲く』を、ひいたよ!と話してくれたそうです(^-^)

          ホスピスの慰問演奏をなさっているお母様が

          お歌を歌うお友だちと『花は咲く』を合わせている時、

          身体を揺らし、歌っていたそうです。

          どんな世界を感じているのでしょうね!

 

皆様、お元気でお過ごしくださいね。

 

さいたま市緑区  静けさの中で音だけに向き合いませんか。

                                     まえだやえこピアノ教室

0 コメント

いつも響きあい育みあう親友に感謝!!

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

春が待ち遠しいですね。

 

昨日、教室は調整お休み。

一日、大学時代の親友の武田美千香先生のお宅に招かれました!!

 

美千香先生は東京スカイツリーの側、墨田区でピアノを教え、傍ら演奏を続けています。

 

魚屋さんが経営するお料理屋さんで並んで海鮮丼ぶりを

「美味しいねえ」と舌鼓を打ち、

 

スカイツリーが綺麗に見えるスポットを自転車ひきひき案内してもらったり

 

そして、美千香先生宅へ。

 

隅田川のほとりの木々が見え、

エッセンシャルオイルがほのかに香る、素敵なピアノ響くお宅。

居心地がよくって、たっぷり寛いで過ごさせて頂きました。

 

美千香先生のデザートの美味しいこと!!

ハンガリーのリスト音楽院に留学していた頃に、

イタリアの方から教わったレシピのティラミス。 

マスカルポーネチーズの濃厚さが堪らない美味しさ!!

おかわりしちゃいました。

 

お夕食には「ガパオ」と飴色のコクのある「オニオンスープ」。

朝から下ごしらえをしておいてくれたお肉や香味野菜を

冷蔵庫から出して、

手早く強い火力での手際の良さにはワクワクして身を乗り出しちゃいました。

 

本当に美味しくって!!!

  

たくさん食べ、笑い、話し、弾き、時に泣いて・・・。

あっという間の時間でした。

 

スピーカーが部屋中にいくつもある

ホールのような臨場感が味わえる音響設備で

たくさん演奏も聴きました。

 

その中で、2人でじっと聴き入った曲。

 

ベートーベンのピアノコンチェルト「皇帝」(エンペラー)の2楽章。

 

お互いに苦しい時期もあったよね。

 

その時に力を与えてくれたのも音楽だった。

 

音楽は、その時々に必要なものを与えてくれたね、と。

 

音楽は生きる力を与えてくれます。

どんなに苦しくても、

音楽は私達ひとりひとりに呼吸よりも近くに存在し、

有りのままの心に寄り添い共感し、自然に新しい時を生み出し

歩みださせてくれる。

 

そして時が来ればそのころの苦しさは、自分の大切な一部となり、

私という存在を練り上げ、豊かに育んだ宝となったことを

はっきりと感じ取っています。

 

このことを分かち合いながら、

エンペラーを聴き浸りました。

 

 

 

音楽の持つ力は、人生を豊かにし、

そしてあなたらしい生き方に常に寄り添い共感し

励まし続けてくれます。

 

レッスンを通して、小さな子も、大人の方も

どの方もこの喜びに気付き、

満たされ続けていきますように。

 

美千香先生との出逢えたこと、

いつも励まし合い、喜びを分かち合い

響きあい続けられることに心から心から・・感謝しています。

 

美千香先生、ありがとう!!

 

♪今日の演奏は20世紀の巨匠

ブレンデルの演奏でベートーヴェン ピアノコンチェルト「エンペラー」を。

 

私達がじっと聴き入った2楽章は 20:40から。

そして2楽章から3楽章に入る、その瞬間も感動的です。29:00から。

 

皆様、春を待ち望むこの季節、お身体を大切にお過ごしくださいね。

 

さいたま市緑区 静けさの中で音だけに向き合う まえだやえこピアノ教室

                             まえだやえこ

2 コメント

ささやかな贈り物

寒波の影響で大雪の地域もあるそうです。

 

さいたまは晴天ですが

冷たい風がぴゅうぴゅう吹いています。

 

みなさん、おかわりありませんか。

 

昨日はバレンタインタイン。

 

 

大好きな生徒さん達に ささやかなチョコをプレゼントしています!

みんなニコニコ。

お返しはいらないよ、って言いながら渡しています。

 

もう、もらっていますもの。

 

手作りのチョコケーキや、

手仕込みのキムチ。

もみじ手で作ってくれた  きな粉クッキー。

 

手作りのクイズ入りのカードとメイプルラスク。

イギリスに行って帰りました、と紅茶とチョコレート。

グアムに行って来ました!と珍しいナッツのお菓子。

 

最近、先生目がショボショボされてお疲れでしょうか?

とノンカフェインのフルーツティなど。など。

 

美味しいもの、素敵なものを

いつもあたたかい笑顔で、さりげなく くださいます。

 

何より、何より、レッスンに来てくださること。

いつも、いつも本当に感謝です。

嬉しいです。

 

 

先生という立ち位置は何て・・幸せだろうと思います。

生徒さんの独自の素敵さに出逢え、

さらに育まれ輝きに満たされることを御一緒できる。

 

だから、この感謝を生徒さんへ、

また、出逢う方々へ、

わたしの存在を通して流せることってないかな。

 

私がユーチューブでアップしている曲。

 

これは、生徒さんのレッスン曲がほとんどです。

客観的に聴いて、

自分ももっと良い演奏が出来る!とワクワクしてほしい。

美しさに限界はありません。

さらにさらに美しく表現出来るようになれます!

 

 

また、生徒さんのお母様のリクエストもあります。

 

いずれ、お子様が必ず弾きますよ!

楽しみですね!

その時を想像して眼を閉じて聴いてみてください。

 

 

そして、大好きな母、父が愛する曲。

いつも弾いてと言われてきた曲。

 

生徒さんも、周りの方に リクエストされたら

心を込めて弾いて差し上げてね!

こつは、音だけに向き合うこと。

 

 

出逢う方々のリクエストもあります。

 

皆様は どんな曲がお好きですか。

 

音楽は弾く人と聴く方が響き合うから美しい。

 

これからも、御一緒に響きあってくださいね。

 

 

今晩は寒いでしょうか。

どうかあたたかくなさり、お幸せでいてくださいね。

 

今日の曲は

リストのコンソレーションです。

 

聴いたことがおありでしょうか?

 

さいたま市静かな中で音だけに向き合う

                     まえだやえこピアノ教室

 

0 コメント

88歳のおじいちゃんが  君をあったかく迎えるよ!

みなさま、おかわりありませんか。

 

今日は小学生の生徒さんからの目線で

日記風に語ります!

 

・・・88歳のニコニコおじいちゃん。

 

悲しみも苦しみも共に味わいながら

ずっと人の心に寄り添ってきた。

名前はベヒシュタイン。

いかつい名前だなあ。

 

生徒さんをゆったり待っている。

 

「こんにちは!」小学生2年生の男の子。

 

『よく来たねぇ。今日もよく頑張ったなあ。

  さあさあ、寛ぎなさい。』

 

おじいちゃんは目を細めて手を開き、

あったかくハグする。

 

男の子はハノンを何回も弾きながら、

音の響きを味わっている。

バイエルも曲も、ピアノのなかを遠目で見ながら

ゆったり何度も弾きながら響きを味わっている。

 

・・・弾くごとにお部屋は静まり、先生も僕も、

      おじいちゃんの響きに大きく抱かれて

      寛いでいく。

 

      なんて素敵な時間だろう。

      なんて美しいんだろう。

 

      小さな世界も、夕焼けこやけも、

      インディアンの踊りも・・、

      弾くごとにピアノが僕に語り、教えてくれる。

      僕の中には凄い力がある。

      それは

     「感じとり表現したい、するよ!」という力。

      それは教わったというより、元からあったんだ。

      そのことに気付けるのがレッスンの時間。

      僕にとって、

      音を通して僕の素敵に気付ける時間。

      ・・・・。

 

レッスンは1週間に1度のご褒美時間です。

好きだから上手くなる。

気持ちいいから弾きたくなる。

 

それが音楽をする本来の自然な姿。

 

さあ、一緒に素敵を表現していきましょう!

 

さいたまは雪がチラチラ降りました。

 

みなさま、あたたかくお過ごしくださいね!

 

♪ショパンの「別れの曲」をお届けします!

 

*2月11日追記 

1か月後、3月11日に

東日本大地震が起こりました。

皆様の中には悲しみの底を過ごされた方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

 

その時に私たちが心を合わせることができた歌・・

『花が咲く』

も掲載させてください。

 

聴いてくださる時に

心に浮かぶ想いが

音の響きとともに

祈りとなりますように。

 

さいたま市 静けさの中で音だけに向き合う空間    

                         まえだやえこピアノ教室

0 コメント

大学の頃からの友人がお祝いに来てくれました♪

皆様、お元気でいらっしゃいますか。

さいたまは空気が乾燥しています。

のどを潤し、風邪予防をしていきたいですね。

 

今日は大学時代からの友人・武田美千香先生が、我が家にベヒシュタインが置かれたお祝いに来てくれました。

写真はお昼ご飯です。

鶏の手羽と白菜を ことこと煮たスープ。

 

美千香さん夫妻が大好きな、シンプルな丸パンを焼いて。

 

美千香さんは素晴らしいプレゼントを贈ってくれました。

我が家のベヒシュタインの誕生年1929年に産み出された

「ケルナー種」の

「ライングラーフェンシュタイン ケルナー カビネット」

というドイツワイン。

美しい青いボトルにはマーガレットなどの小花が描かれています。

この年の記念を贈りお祝いしたい、との思いで調べてくれ、

入手しにくいため

ネットで検索して取り寄せてくれたのです。

淡い麦わら色の、青リンゴのような香りのする

フレッシュなキレのあるいい酸とほのかに残る甘味。

とっても美味しく、幸福でした。

 

ワインの美味しさに・・

何より美千香さんの真心に感動しました。

 

それから、「今日のためにがっつり練習してきた!」美千香さんと

ベヒシュタインを弾き味わいました。

 

ハンガリーに留学し、

長い年月ヨーロッパで学び続けてきた美千香さんが弾いてくれた曲は

ピアニスト「パウル・パドゥラ=スコダ」にレッスンを受けたという

 

「リスト作曲・・バラード2番」。

 

圧巻な演奏でした\(^o^)/!!

身体中が耳になり聴き入りました。

 

いろんな曲を弾きながら楽器の特性を味わう美千香さん。

これからも度々お互いに弾きあい学びあおうね!

と微笑み合い、嬉しかったです。

 

その後、豚スペアリブのピリ辛トマト煮込みとパンで遅い夕食を・・。

 

こころに残る、優しさと響きと香りに満たされた素晴らしい一日。

 

素晴らしい友を与えてられていること、

また、音楽をに心から感謝しています。

 

いよいよ2月。

風邪が流行っているようですね。

睡眠をたっぷりとって、身体を大切にお過ごしくださいね。

 

感謝を込めて・・。前田弥生子

 

♪リストのバラード2番を、

20世紀巨匠 クラウディオ.アラウの演奏でお届けします。

2 コメント

体験レッスンにいらっしゃいませんか!

体験レッスンをしています。

 

まえだやえこの生演奏もプレゼント♪

 

レッスンから何がほしいですか。

ピアノを習うことで何を叶えたいですか。

 

思いや考えをそっと聞かせてください。

それからゆっくり体験レッスンを受けてみてください。

 

 

出来た!

わかった!

楽しい!

嬉しい!

 

体験されてご満足されましたら、レッスンを決めてくださいね。

 

 

★体験レッスン&入会カウンセリング(50分)3000円

 

♪お申込み

☎048-884-7022

📱090-7227-9900

 

レッスン中はお電話には出られません。

後程改めておかけくださるか、

留守番電話にお名前とお電話番号・伝言をお残しください♪

後程ご連絡させて頂きます。

比較的繋がりやすいお時間・・20:00~22:00

メールは24時間お受けしています。(24時間以内に返信致します)

 

 

0 コメント

ベヒシュタインでのレッスン開始です!

 寒い日が続きますね。

お風邪などひいておられませんか。

みなさん、

教室のピアノが新しくなりました。

正確には古くなりました(笑)

1929年製のドイツ・ベルリンの作品、

ベヒシュタインです。

 

 

 

 皆さんご存知の作曲家、ドビッッシーやリスト、

リヒャルトシュトラウスやラヴェルも愛用していた、

世界最高峰のピアノです。

 

生徒さんすべてが このピアノでレッスンが受けられます。

 

弾いてみたいですか?

 

美しく あたたかい響き。

包み込まれるような響きです。

 

レッスンでは美しい響きにどっぷりと浸り、味わい、

一流の音色を奏でる恵みに満たされて帰ってください。

そして、ピアノをどんどん好きになっていってくださいね。

 

 来月2月1日より、

♪ベヒシュタインになった新しい教室の

『新年度の入会生』をお受け致します♪

 

3歳から おいくつでも。初心者の方、大歓迎です。

お気軽にご連絡ください♪

 

まずは気軽に体験レッスンからどうぞ。

体験レッスンもベヒシュタインで受けられます\(^o^)/

 

また、体験レッスン後に、

まえだやえこの 生ピアノ演奏もプレゼント致します。

 

 

 素敵な出逢いを楽しみにしています!

 

 

 本日の動画は、

新しいピアノ・ベヒシュタインでショパンをお届け致します♪

 

ノクターン遺作(嬰ハ短調)です。

 

映画『戦場のピアニスト』のメイン曲で使われた、

悲しくも美しい名曲です。

よろしければお聴きください♪

 

どうぞあたたかくしてお身体を大切にお過ごしくださいね!

 

さいたま市緑区   静けさの中で音だけに向き合うピアノ教室

                                                      まえだやえこ。

0 コメント

30年近く共に寄り添ってくれたピアノの最後の日

 大寒波の影響で大雪の地域もあり、

生活にも影響が出ているようです。

皆さま、

いかがお過ごしでいらっしゃいますか。

お風邪などひいておられませんか。

 

 

 今日は教室の変化をお話しさせてください。

 

明日、ピアノが変わります。

新しいピアノは私が20年以上憧れてきたピアノです。

願いが叶えられました。

そのピアノは今後折に触れお話しさせて頂けますので、

今日は30年近く共に過ごしたピアノのことを

お話しさせてください。

 

 このピアノは音楽大学受験を現実的に決意した

高校1年生のときに父母が買ってくれました。

今はピアノを弾くことが・・

ピアノに生きることが

心から湧いてならない喜びと感謝の日々ですが、

私にとっての学生時代は苦しみと先が見えない不安な日々でした。

起きているほとんどの時間をピアノに向かう意味は何だろう。

 

ただ楽しくて弾いていたピアノではなく、

命を注いで他のことは断ち切って

ピアノを選んでいた若き日でしたので、

これから先の将来と実際弾いているピアノとの

具体的な関連が見えず本当に苦しみました。

 

しかし若すぎて、また生きていくことに忙しすぎて、

自分の心の向き合い方も分からなくて

演奏と指導に生活の全てを捧げる中、

倒れてしまいました。

 

15年ほど前のことです。

 

その後、私はカウンセリングに出会い、

そして学び、自分との対話を深め、

ピアノとの向き合い方が静かにどんどんかわってきました。

 

 

今ではピアノを弾く意味と価値、音をとおして

生徒さんにどうご指導させて頂くかは私の中で明確となりました。

生活との関連も明確になりました。

それが今までブログでお話しさせて頂いたことであり、

これからもゆっくりとお話しさせて頂きたいと考えています。

 

このカワイの178センチのグランドピアノは葛藤の日々、

私と共にありました。

苦しい時も悲しい時も、不安な時も、弾く意味が分からなくなり

地団太踏んで弾かないと怒っていた時も、

このピアノは静かに私と共にありました。

 

 いつしか私はこのピアノの語る言葉を聴くことを知っていきました。

心の耳を澄ませ、心の目を凝らし、

音を受け取っていくことをこのピアノから教えられてきました。

音楽はキャリアのためではなく、命そのものである。

私の中で常に響き続けているものだと知ったのです。

 

先週のレッスンの生徒さん方は

このピアノでのレッスンが最後だと、

優しい眼差しでピアノを触り、

ありがとうと言ってくれました。

 

こころあたたまる生徒さん方との交わりの真ん中に

このピアノがありました。

心からこのピアノに感謝しています。

またこのピアノと歩んだ日々に心から感謝しています。

そしてこのピアノを与えてくれた父と母に

改めて感謝を伝えたいと思います。

ありがとうございました。

 

 

これから先も、生徒さん・お読みくださる方・

また教室を知ってくださっている

すべての方に音楽の優しさがいつも寄り添いますように祈ります。

 

お読みくださりありがとうございました。

あたたかくしてお過ごしくださいね。

 

 さいたま市静けさの中でピアノの音だけに向き合う空間 

                       まえだやえこピアノ教室

0 コメント

成人、おめでとうございます

皆様、いかがおすごしですか?

今日は成人の日ですね。

新成人の皆様、おめでとうございます。

また、ご両親様、おめでとうございます。

 

 

成人の日を迎えられた生徒さん達とご家族に・・また受験を控えている生徒さんや多くの方々に・・また試練の只中におられる方々に・・

『主は道をつくられる』を贈ります。

 

この曲はゴスペルの歌ですが、

ピアノソロでお届けします。

 

語りかけるようなメロディーが印象的です。

エピソードも印象的です。

 

あるゴスペルシンガーの親友が突然不慮の事故で天に召されます。

彼は悲しみと失望にうちひしがれながら、

飛行機でお葬式に向かいます。

もだえながら祈るなかで突如この曲が与えられたのです。

歌詞はこう語ります。

「主は道を日々作られる。何もないように思えるときでも。

荒野に道を砂漠に川を日々作られれる。」と。

 

 

小さな教室の小さなピアノ講師の私が出来ることは小さいでしょうが、

出会うお一人お一人の可能性が音を通して表現されることを

心を尽くして応援させて頂きます。

 

 

『主は道をつくられる』聴いてみてくださいね。

 

さいたま市緑区  静けさの中で音に向き合うピアノ教室   まえだやえこ

 

0 コメント

今日からレッスンスタートいたします

皆さま、よいお正月を過ごされましたか?私は、お節料理を作り、そしてみんなで頂き、お年賀状の続きを書き、

ピアノを弾き・・・ゆったり和やかに

過ごしました。

 

そして本日より、まえだやえこピアノ教室のレッスンが始まります。

 

毎回ひとりずつのレッスンカルテノートを開き静まります。

 

どんなことに喜びを感じておられるか、

どんなことが出来るようになったか、

またこれからのチャレンジなさったらよいことは何か、

また3か月後、1年後、3年後、どのように成長していただきたいか・・

などを具体的に思い巡らし、

その上で今取り組んでおられる教材の曲をすべて私自身弾いて確認致します。

 

その生徒さんだけの私が出来る精一杯のレッスンをして参ります。

 

 

 

バッハ作曲   主よ人の望みの喜びを 感謝を込めて演奏いたします。

 

さいたま市緑区  まえだやえこピアノ教室

 

 

 

0 コメント

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

 

 

皆様新年をどのように迎えられましたか。

 

 

それぞれの場所で 

きっと新しい始まりに何か願いを

お持ちになったのではないでしょうか。

 

今年も まえだやえこピアノ教室は、

皆様のそれぞれの位置で

 

 

ピアノを通して夢と希望を見て頂ける場所であり続けます。

ピアノを弾くことに喜びを感じていただける空間で

あることをお約束いたします。

 

また確実に演奏の向上と、

ピアノを弾くことを通して培われるしなやかな忍耐力、

音楽を愛していく持続力が身に付き、

そのことを通して揺るがない自信と自立が

育まれていくことをお約束いたします。

 

 

私の個人的な叶えていきたいことは、

今までと同じようにピアノに向かい、音一つ一つと一致し、

心の深みに与えられている音楽の恵みを指を通して紡ぎだしていくことです。

そしてもっと音楽の願いを知っていきたいと思います。

 

 

生徒さん、生徒さんご家族、

お読みいただいている皆様にとって

今年一年が平安と希望と喜びに満ちた日々でありますようにお祈り致します。

 

どうぞ今年も宜しくお願い致します。

 

さいたま市緑区静けさの中で音に向き合う まえだやえこピアノ教室  前田弥生子

2 コメント

よいお年をお迎えください!

皆様、いかがお過ごしですか?今年も残り3日となりました。

 

当教室の今年のレッスンは今日の午前で終了致しました。

 

レッスンを終えたちいさな3歳の男の子が玄関で「よいお年をお迎えください。」と言ってくれました。

 

「○○くんも よいお年をお迎えください。」と答え、もみじのおててと握手しました。

優しい空気に包まれました。

 

お帰りになった静かなピアノのお部屋。

温かい紅茶を淹れ、しばし腰を下ろし寛ぎました。

 

今年もこのピアノを通してどれほど多くの喜びに満たされたことでしょう。

生徒さんがピアノの音に静かに向き合い 全身を耳にして聴きいる姿に

どれほどの感動してきたかと思います。

 

先生との繋がり以上にピアノと直接、深く繋がってほしい。

先生から習う以上にピアノから直接教われる感性を育ててほしい。

その願いが生徒さんに流れるようになってきたことに

大きな喜びを感じています。

 

 

新しい年も  この教室にいらっしゃる生徒さん全てが

音楽の喜びを味わい表現出来るように心と力を尽くして参ります。

そしてそのひとりから ご家族へ  お友達へ

その喜びの響きが流れていきますようにと願います。

 

 

秋から始めたブログページ。

お読みくださり本当にありがとうございました。

 

どうぞ皆様、お身体を大切になさり、

よい年末を  新しいよいお年をお迎えください。

 

また来年もこのぺージでお会いできますことを

楽しみにしております。

 

 

 

皆さまに感謝を込めて..♪コンフィテミニドミノ..2分47秒のピアノソロをお届けいたします。

 

さいたま市緑区 静けさの中で音だけに向き合う まえだやえこピアノ教室

 

 

0 コメント

メリークリスマス!

メリークリスマス!

お元気でいらっしゃいますか?

ちょうど今、ドイツに行っているお友達から写真が届きましたので皆様にもプレゼントいたします!

皆様とこのページで出逢え、わかちあえたことを感謝しています。皆様にとって、素敵なクリスマスになりますように!2つのクリスマスの曲をお届けします。

0 コメント

クリスマスのお歌をうたいましょう!

お元気でいらっしゃいますか?

今日はお話をつぐみますね!

 

クリスマスになると小さい頃から歌ってきたおうた。 おめでとうメリクリスマス、赤はなのトナカイ、あわてんぼうのサンタクロース、サンタが街にやってくる、きよしこのよる、まきびとひつじ、あらののはてに。メドレーで繋ぎます。きっと皆様も知っていらっしゃる曲だと思います。

御一緒にうたいましょう!  さいたま市緑区音だけに向き合うピアノ教室  まえだやえこ

0 コメント

クリスマスの贈り物

お元気でいらっしゃいますか。

 

お読みくださりありがとうございます。

 

皆様を思い巡らし、心から感謝しています。お父様、お母様、おじいちゃま、おばあちゃま。

おひとりでお暮らしなさっている方。

受験期の方。

 

また、パワフルに毎日を送る若い男性、女性、子供たち.....。

様々な立ち位置におられることと思います。

 

 

そして私たちは日々、ゆれ、不安を感じたり、

焦りを覚えたりするものだと思います。

 

また状況や環境や人は移り変わるものですから、

外の事で自分が満たされたと感じても、次の瞬間、

また外の事で思い煩うことも少なくありません。

 

 

しかし、自分の中に揺るがない平安と小さな希望があれば、

今生きることができる、そう思うのです。

 

 

 皆様にとって、心安らぐクリスマスでありますように。

 

 

 

さいたま市緑区静けさのなかで音だけに向き合う  まえだやえこピアノ教室

 

0 コメント

音を超えて響くもの

皆様いかがお過ごしですか?

 

今日お話しさせていただくテーマは、「音を超えるとき」です。

 

よろしかったら最後までお読みください。

昨日コンサートを行いました。

 

 

 

1時間ちょっとのピアノ演奏を聴いて頂き、その余韻の中でグラタン・野菜たっぷりスープ・焼きたてパン、焼き菓子とお茶を召し上がって頂きました。

 

演奏曲目は、リストのコンソレーションや愛の夢・

ショパン 幻想即興曲やノクターンの数々。

今日はその中で感じたことを分かち合わせてください。

 

私は弾きながらいつも思うことがあります。

弾けば弾くほど心の目で見える風景がより豊かになっていくということです。

 

例えば「愛の夢」はもともと歌曲で歌詞があり、

最初からのテーマメロデイーは「愛しなさい 愛しなさい」と語ります。

少し高ぶってくるところでは

「そうしなければ、愛する人のお墓の前で泣き崩れる日が来るでしょう」。

 

最後にテーマメロデイーが、

慰めに満ちた美しい高音部の和音に彩られて再び静かに語ります・・

「だから愛しなさい 愛しなさい」と。

 

 

この曲を弾くようになって20年以上、

何百回弾いたことでしょう。

 

その歴史の中で愛する父が天に召されました。

高校2年の生徒さんが、

また生徒さんのお母様が天へ帰られました。

東北の大地震もありました。

その度毎に弾き紡いできました。

 

そして先日お友達のお仲間の奥様が天へ帰られました。

一昨日、そのお方のために やえこさん、ご夫妻が最後に歌った讃美歌を弾いてほしいの・・とリクエストされ昨日フエースブックに立ち上げました。

その直後のコンサートで弾いた「愛の夢」でした。

 

奥様の残された時の中で

フランキンセンスというアロマオイルを患部や背中に塗っておられたご主人の愛の眼差し。妻の愛した讃美歌を口ずさむご主人に合わせ、

既に様態がかなり悪いのに最後まで歌い切られた奥様の命の声が、

曲を変え「愛の夢」の中で響きあう感じがしました。

 

 

教室では、生徒さんにレパートリーを持ち、

レッスンでも年月を超えて弾き紡いでもらっています。

 

その理由は、「弾けた」を超え、「自由に弾ける」となり、

さらに弾き紡ぎながら「弾ける」をはるかに超え、

内面で音と向き合い、自らの血肉、

心から紡ぎだされるようになっていってほしいからです。

きっと生徒さんも どなたかに言われることがあるでしょう。

「何か弾いて・・」と。

 

その時に臆せず、静かに音だけに向き合い、

あなたならではの音色で紡ぎ弾かれる・・・。

 

「ピアノを習っている」を超えて、

あなたの周りの誰かに音を通して優しさをプレゼントすることができます。

それがピアノが弾ける最大の恵みかもしれません。

 

 

お読みくださりありがとうございました。

 

読んでくださる方がいらっしゃるので、書くことができます。

感謝しています。

 

さて今朝(12月17日)のさいたまは ぐっと冷え込んでいます。

 

皆様、あたたかくお過ごしください。

 

♪主、我を愛す お時間がおありでしたら聴いてみてください。

 

さいたま市緑区 静けさのなかで音だけに向き合う まえだやえこピアノ教室

 

 

0 コメント

クリスマスを待ち望んで (3)

12月も中旬に入りました。皆様いかがお過ごしでしょうか。お風邪など ひいておられませんか?

 

10日土曜日に小学生までのクリスマスコンサート&パーティをいたしました。みんなの「やったあ!」っていう笑顔を見たくて、じっくり準備してきました。

 

 

「みんな特別!あなたは素晴らしいよ!」これがクリスマスの想いだと私は受け取っているから。

 

小さい子を膝の上に抱き演奏を聴く6年生。コンクール曲4曲を弾いた3年生の弾き終わった直後「どうじゅだった(上手だった)ちゅごい。」とぱちぱちと手を叩き感嘆の声をあげる3歳。それにつられて、「うん、すごいね!」と顔を見合わせる子供たち。

 

みんながお互いを大切に思い合っている眼差しがお部屋を暖めていました。

 

この教室を一番愛しているのは間違いなく私です。本当に幸せです。そして生徒さんお一人お一人に、音楽に・・心から感謝しています。

 

今私達がどこにいて、どんな状況でも、音楽の響きは呼吸より近くあると私は確信しています。

 

そして日々感じています。何ができてもできなくても、響きの優しさに包まれる時、このままで愛され、私の中にも優しさがあることに気付くのです。

 

すべての方が、あたたかいクリスマスの響きに包まれますように・・・。

 

 

感謝を込めて・・。

 

さいたま市緑区 静けさのなかで音だけに向き合う まえだやえこピアノ教室 

                                                                                                まえだやえこ

 

2 コメント

クリスマスを待ち望んで(2)

いよいよ12月に入りましたね。

 

クリスマスまで また新年までの日も残りわずかとなりましたが、皆さまいかがお過ごしでいらっしゃいますか?

 

 

教室の生徒さんとのレッスンでは おひとりおひとりと今年1年育まれ成長したところの話題が上るようになりました。

 

生徒さんおひとりおひとりは、今年もそれぞれに豊かに育まれ、本当にご成長され、私は心から感動します。

 

いくつか生涯弾き紡ぎたいと願う曲が生まれ、その曲をレッスンで見させて頂かなくても 自由に弾いていらしゃることことが伝わってきます。

 

「レッスン時間が2分余ったから、あの曲弾けるかな😊。」とお声をかけると「は~い!😊。」と弾き始める。アドヴァイスもしていないのに音に潤いが・・輝きが増し加わっています。

 

きっとこのように自然体で弾き紡ぐ時間を過ごしてこられたのでしょう。

 

そしてこの小さな喜びの積み重ねでうみだされる響きが これからの日々、おひとりおひとりにに寄り添っていくでしょう。これが音楽の願いだと私は知っているからです。

 

今日はクリスマスソングを3曲 生演奏を 即興で繋ぎながらお届けいたします。

 

幼いころから弾いてきたヤマハの箱ピアノ。レッスンでは後ろのグランドピアノを使いますが、私はここに座ることが増えました。幼いころから弾き紡いできた記憶が、感謝とともに私の心を満たすのです。

 

よろしかったら4分25秒 お聴きください。

 

♪おめでとうメリークリスマス・まきびとひつじ・アメージンググレイス

 

皆さまの毎日がやさしさで満たされますように・・。

       さいたま市緑区 静かに音だけに向き合う まえだやえこピアノ教室 

4 コメント

あなたは そのままで素晴らしい

こんにちは!いよいよ紅葉の最も美しい頃となりましたね。

いかがお過ごしですか。お読みいただきありがとうございます。

 

今日は「この教室の願い」がテーマです。よろしければお付き合いください。

 

 

はじめに一つ質問をさせてください。「あなたがいつか天国に帰っていくときにピアノを習って得た何を持ち帰りたいですか😊。」え?天国??なんじゃあ・飛躍しすぎ!!(笑)

 

そうですね!すみません。。

 

けれどもきっと私たちの生涯はあっという間に過ぎていくものだと思うのです。

そう考えればそのあっという間の生涯の中で向かうピアノの時間はとっても貴重だと思いませんか😲その貴重な時間にピアノに座りピアノを弾き、定期的にレッスンで弾く。

 

さて、ピアノと関わる時間に何を感じて、何をご自分に残したいでしょうか。

 

私たちはお子さんにとっても、大人にとっても毎日すべきことが多いです。(宿題・家庭や学校の中での約束事。お仕事や家事、お付き合いなど。)

 

そのすべきことはとても大切ですし、このことを丁寧に行うことを通して成長するのだと思います。しかし、ピアノはすべきことでしょうか?「え?だって習っているからすべきでしょう(# ゚Д゚)」はい、もちろん弾いてほしいです。でもその原動力は自然に湧いてきていますか?「したい!」ですか?習い始めたときのワクワク感は今も続いていますか?

 

お話の方向を少し変えさせてください。

 

 

実は私はピアノを弾く以前にもっともっと大切なことがあるように思っています。

 

何より大切なこと・・

 

それは、「私は何に幸せを感じているか。何を願って生きていきたいか」。

 

そしてこのことを折に触れ考え、自分なりの生き方を見つけていくこと。

 

私という存在を 木 に例えるならば、このような問いの私なりの答えが  であり 根っこ を作っていくと思うのです。

 

それを思いめぐらすことができる時、初めてすべきこと 枝葉 にも価値を感じ、落ち着いて行えるのではないかと思うのです。

 

 

さて、あなたのピアノはあなたの根幹を満たしていますか?

 

音楽の無条件の愛はあるがままのあなたを包みます。

 

あなたはあなたのままで素晴らしい。変えなくてもよい。

 

そのやさしさに包まれていることを知り、あなたの根っこ・幹(根幹)にそのあたたかさが満ちていく時、心はくつろぎ ほっとし、自然に本来のあなたらしさに向かうでしょう。

 

 

そしてもともと与えられているあなたの美しさへと変えられていくでしょう。

 

弾きながらこの喜びを深めていってほしい・・・。これが当教室の願いです。

そしてこれこそが音楽の願いだと私は受け取っています。

 

お読みくださりありがとうございました。

 

 

落ち葉のじゅうたんを歩く音・・。「カサカサ・サクサク」が聞こえてきそうな肌寒い秋の日。

 

今日もあたたかくお元気でお過ごしくださいね。

 

さいたま市緑区道祖土     音の響きに満ちる空間・・まえだやえこピアノ教室

4 コメント

こころの耳を澄ませると聴こえるもの・・

 

あたたかな日が続きましたがいかがお過ごしですか。

 

今日もお読みくださりありがとうございます。

お陰様でブログを始めて2週間目を迎えることが出来ました。

感謝です。

 

ところで皆さんは日常の中で何に喜びを見出されていますか。

 

また今どんなことを幸せに感じておられますか。

 

実は私、一昨晩冷や汗が流れたのです。

 

なんとドキドキしながら書き綴った一番最初のブログを誤って消してしまったのです。

 

ショックでした。アナログ人間で慣れないパソコン作業。でも少しづつできるようになっていくことが嬉しくて、鼻歌気分でフォルダー内を整理しようとテンポよく下書き等を次々に削除していました。

 

と、勢い余って流れで指が思わず公開中の一つも消してしまったのでした。(コメントをくださった内容も消えて悲しいです。コメントくださった方、ごめんなさい。)

 

 

しかし落ち込んでも戻ってきません。仕方がないのでこのことをちょっと横に置き、冒頭の質問を自分に問いかけてみたのです。

 

そうすると、ブログを始めたいと思った原点・・この文面を読んでくださる方とほんの少し・・音の世界を通して響きあえたらな、と願いが改めて新鮮に湧き上がってきました。

 

さて、皆様は冒頭の写真の風景はお好きですか?

 

これは11月6日の駒場運動公園、風の吹く日曜日の朝。

私がどう感じたのかをお話しさせてください・・。

 

本当に清々しい風・心地よくて目を閉じました。

あたたかな陽差しの中で銀杏の葉がひらりひらりと舞うのを肌で感じました。

 

落葉の出番がもっと後の葉っぱ達が枝にしっかりとつかまって風を受けてごうごうと何かを言っていました・・・。

これは・・いのちの音?このいのちの音がふわりと身体をくるむように感じて一瞬、ブルっと震えました。林が生きている・・。

と、次の瞬間、この林と響きあいたいな、と浮かびました。

 

ふうっと力を抜いて心の耳を澄ませてみると静けさが訪れ、心の深みから あたたかい 妙なる響きが湧いてくるように感じ始めました。

 

その静かな内なる響きは次第に 林のいのちの声と溶け合うように感じ始めていました。

 

なんて心地よいやさしさだろう。なんて美しいのだろう。

ああ、これが音楽の源だな、と思いました。。。

 

 

さて冒頭の問い・・私の見出している喜び、幸せを感じていることですが、「何気ない日々の中でいのちの音に出会いたいと願い、そしてそのいのちの音と響きあうことに喜びを見出し幸せを感じています。」です。

 

 

私たちは忙しく感じる日常を過ごしています。

しかしその中で握っている手を開け放ち ほんの数分だけでも心の耳を澄ませる時、ふだん当たり前に聞こえている物理的な音が いのちの音として響いてくるのかもしれませんね。

 

 

 

皆様には今、何が聴こえていますか?

 

イチョウが黄金に輝き紅葉が深まる時期、どうかお身体を大切にお過ごしください。

 

さいたま市緑区 静けさの中で音だけに向き合う まえだやえこピアノ教室

 

3 コメント

アドラー心理学とコーチング の先生方と

0 コメント

クリスマスを待ち望んで(1)

こんにちは。寒くなってきましたがおかわりありませんか。

 

外に出ると年賀状やクリスマスケーキの予約の文字を見るようになりましたね。

 

まえだやえこピアノ教室の生徒さんは

クリスマスまでの日を数え始めました。

 

現在ショパンワルツを弾いている高校2年生。

毎年この時期に弾いてきたホワイトクリスマス・アメージンググレイスなども

レッスンで楽しみ始めました。

 

色彩豊かに美しく弾こうとしていて、それを応援したくて即興で私も加わりました。

やさしくあたたかなメロディーに心満たされながら何度も合わせて弾きました。

 

 

幼稚園・小学生組の多くは12月10日のクリスマスコンサートに向けて練習中です。

 

曲目は・・、乙女の祈り・小犬のワルツ・ソナチネ・アリア・カプリチエット・ドビュッシーこどもの領分からグラドゥスアドパルナッスム博士・インディアンの踊り・ピアノのおけいこ・おちば・エーデルワイス・峠の我が家・アラベスク。そしてクリスマスの曲の数々・・・あわてんぼうのサンタクロース・サンタが街にやってきた・まきびとひつじ・あらののはてに・ひいらぎ飾ろう・おめでとうクリスマス・等々です。

 

教室は冬の寒さを暖めて余りある曲のやさしさに満ちています。

 

お読みくださる皆様ともクリスマスをご一緒に分かち合えたらなと考えています。

宜しかったら時々このページをのぞいてみてくださいね😊

 

お身体を大切にあたたかくなさってお過ごしください。

      お読みくださりありがとうございました。  まえだやえこ

4 コメント

ステージの音が会場を包みました

こんにちは。

今日もお読みいただきありがとうございます。

 

秋晴れの日曜日に墨田区まで大学時代からの友人の発表会のお手伝いをさせて頂きました。

 

ESIピアノスタジオ・・現役ピアニストが教える本格ピアノ教室を主宰し、演奏意欲が熱い友人ならではのコンサート。

 

出演者は可愛いい年長さんから大人まで。

ソロ・連弾ともに名曲ぞろいでした。

エーデルワイス・軍隊行進曲・アイネクライネナハトムジーク・ドナウ川のさざ波・主よ人の望みの喜びを・戦場のメリークリスマス・革命のエチュード・別れの曲・・・。

 

曲名だけでもワクワクしませんか?

 

そして友人・武田美千香先生のショパンバラード1番は渾身の演奏。

聴く者の全身が耳となり集中させ、心が洗われ、満たされ、本当に素晴らしかったです。

 

生徒さんは弾くことを純粋に楽しんでいました。

この日一度の舞台を楽しむために曲を掘り下げて深めてこられたことでしょう。

その途上でその方ならではの美しい音へと磨かれ高めた音が会場を包みこんでいたのだと思います。

 

お客様の惜しみない拍手が印象的でした。

 

美千香先生、素晴らしい一日をありがとうございました。

 

打ち上げでちょっと席を外し携帯を開くと、小学校の生徒さんのお母さまから、前日の小学校音楽会の数枚の写真とお言葉が届いていました。

「先生、子供たちは小学校の音楽会をとても楽しんでいました。音楽は素敵ですね!」と。

 

本当ですね。音楽は本当に素敵ですね!

    

音のやさしさがいつも生徒さんとともにありますように。

     音の響きがいつも私たちのそばにありますように・・・

 

                        まえだやえこ

2 コメント

曲のなかの愛はあなたに・私に直接語りかける

こんにちは。

秋晴れの文化の日。いかがお過ごしでしたか。

 

 

私の1日は愛犬プティとウオーキングから始まりました。

帰ってそのままピアノに座ります。

 

 

いつものように静かに目を閉じて「今日何を弾いたらよいか教えてくださいね。」とピアノに語り、しばらくしておもむろに弾き始めました。

心に浮かび上がってくる響きの和音を紡ぎながら即興で20分くらい過ごしたでしょうか。

突如「ラフマニノフの前奏曲32-12」が湧いてきました。

 

冷たい木枯らしが吹き迫ってくるような右手のパッセージが3秒。

そして悲しく寂しいビオラのような響きのメロディーが左に浮かび上がってきます。

あっという間に通り過ぎてしまう曲ですが、この2分ほどの曲になんとも迫りくる思いが込められています。

 

今日は冒頭の右手の細かいパッセージが光の粒子のように感じて、何て美しいんだろうと思いました。悲しいのになんて優しく響くのだろう、と。

そしてこの曲でレッスンを受けに来る大学生は今週どう感じて弾いているかなと、ふと思いました。

 

同じ曲を弾いていても弾く者の年齢も環境も違います。

曲は目の前の「私」に、そして「その生徒さん」に直接語ってくれるので、私とその生徒さんの演奏は違います。

 

それでいいのだと思うのです。

それが音楽の神秘であり、音楽の願いであり、個人的に寄り添ってくれる曲に満ちている愛だと私は思っています。

 

ふと書棚から一冊の薄い本を手に取り開きました。そしてこの言葉だな、とうなずきました。

 

 

「名曲・この神々しいすがたともいうべき巨匠の作品に、君のあたたかい生命のちからをお与えなさい。それによって自己をたしかめ、そして成長してください。」

尊敬する19世紀のピアニスト エトヴィン・フィッシャーの言葉。

                   「音楽を愛する友へ」新潮社より

 

夕方になり、ぐっと気温が下がってきたようです。

 

でも今日は夜空がきっと美しいと思います。あたたかくお過ごしくださいね。

                       まえだやえこ

 

4 コメント